体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

坂本慎太郎やECDらのジャケットを手掛ける写真家、塩田正幸の個展開催中

01202
塩田正幸『ハテ/ hate #05-37』, 623×521 mm, type C-print, 2016

塩田正幸の個展『ケの日ヒョウハク3 ―ハテ/ hate―』が、吉祥寺・amalaにて開催中。

1973年に埼玉で生まれた写真家・塩田正幸。これまでに、坂本慎太郎やECD、NRQ、ジム・オルークといったミュージシャンたちのジャケット撮影を手掛けてきたほか、自主制作の出版レーベルFLASH BOOKSから作品集を刊行している。
本展はのテーマ「ハテ/ hate」は、“まだ見ぬ果て”でもあり、“はてな?”でもあると語る。ローマ字表記の“hate”は英語の“hate”の意味も持ち、内に向かう苛立ちを指しているとのこと。
出品作を含む13点の作品は、10月20日に刊行された『STUDIO VOICE vol.409』の中綴じ冊子『ケの日ヒョウハク3 ―ハテ/ hate―』にも掲載されている。
数々のアーティストから絶大な信頼を集める塩田作品を楽しめるこの機会を、見逃せない。

塩田正幸
『ケの日ヒョウハク3 ―ハテ/ hate―』
2016年11月3日(木・祝)~2017年1月28日(土)
第1部:11月3日(木・祝)~11月29日(火)
第2部:12月2日(金)~12月20日(火)
第3部:1月13日(金)~1月28日(土)
会場:東京都 吉祥寺 amala
時間:月、火、金曜10:00~14:00、土、日曜13:00~17:00
定休日:不定休
料金:無料

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。