体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【有名キャラをドット絵刺繍に】クロスステッチデザイナー・大図まことさんはなぜ「刺繍のプロ」になったのか?

女性が大多数を占める「手芸」の分野で、プロとして活躍している男性がいる。クロスステッチデザイナーの大図まことさんだ。

クロスステッチとは、「×」の縫い取りを並べる手法の刺繍。花や人形などの絵柄が一般的であり、趣味でテーブルクロスやピアノカバーなどを作る女性が多いが、大図さんが描くクロスステッチはゲームキャラクターや昆虫、乗り物など、男性ならではのモチーフ。ピクセルアートを思わせる、ポップなデザインが人気を集めている。

大図さんは子供のころから手芸が得意だったわけではなく、クロスステッチに触れたのは社会人になってから。なぜ、大図さんはこの道を選んだのか?そして今後目指す方向性は?詳しく伺った。

f:id:itorikoitoriko:20170118212948j:plain

大図まことさん

クロスステッチデザイナー

株式会社オオズ代表取締役。大学卒業後、酒店でのアルバイト時代にクロスステッチに出会い、創作活動をスタート。その後手芸店に入社し、販促などを担当した後、2008年にクロスステッチデザイナーとして独立。ワークショップ開催やイベント出展を精力的に行うほか、有名キャラクターとのコラボ商品などを多数開発。『大図まことのクロスステッチ大図鑑!』(白夜書房)、『手塚治虫キャラクターのクロスステッチBOOK』(タツミムック)など著書多数。昨年、東京・蔵前に自身のピクセルデザインブランド「TOKYO PiXEL.」の実店舗をオープン。

23歳で手芸に出会い、クロスステッチの可能性に気付く

f:id:itorikoitoriko:20170118212949j:plain

大図さんがクロスステッチに出会ったのは、23歳の頃。就職氷河期で就職活動がうまくいかず、大学卒業後に近くの酒店でアルバイトをしていたときのことだった。

ある日、カメラマンの友人が、自身が撮影に関わった手芸の本をプレゼントしてくれた。もともとイラストやデザインが好きで、アルバイトのかたわら独学してコンテストに応募するなど創作活動を続けていた大図さん。本を見て「これなら自分にもできるかも」と思い、いくつかの作品に挑戦してみたという。

「しかし、どれも意外に難易度が高かった。まず編み物に挑戦し、ニット帽などいくつかの作ってみましたが、立体的なデザインイメージが湧かずにとん挫。洋裁にもトライしましたが、ミシンの音がうるさいと隣の部屋から苦情が来てしまいました。そんな中、クロスステッチだけはとてもしっくりきたんです。『×』の刺繍を並べていくという技法はとっつきやすいし、シンプルだからこそいろいろなものが表現できそうだと思えました」

まずは、クロスステッチで昆虫の標本を作ろうと考え、100体を目指してひたすら刺繍するが、すぐに「これだけやっていても食べてはいけない」ことに気付く。そこで、クロスステッチのワークショップを開催してみたところ、「小さな男の子を持つお母さん」を中心に話題を集め、参加者がどんどん集まるようになった。

「例えば、子どものお弁当袋など保育園の持ち物にちょっと刺繍を施したい場合、花や人形など可愛らしい図案は数多くありましたが、昆虫や車、ロボットや恐竜といった『男の子ならでは』の図案はなかったんです。自分が好きなデザインを披露していただけなのですが、結果的にそれがウケた。口コミで参加者が増え、手作りのデザイン集もけっこう売れましたね。この時初めて、『この世界で、生きていけるかも』という手ごたえを得ることができました」

f:id:itorikoitoriko:20170118212951j:plain
1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。