体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

短時間でさくさくシミ抜きできる「超音波ウォッシャー」の時代到来!

f:id:ponparemall:20170110115439j:plain

ビジネスマンなら毎日のように着るワイシャツ。でもランチタイムに気が緩んで、しょうゆやソースをこぼしてしまったり、人と密着する満員電車で気づかないうちに口紅がついていたりすることもあるのでは? そんな時に役立つのが、シャープの新製品「超音波ウォッシャー」。手間暇かけずにシミ抜きできる便利グッズです。今回はこの「超音波ウォッシャー」でどんなシミがとれるのか、試してみました!

毎秒約38,000回の超音波振動で汚れを弾き落とす

今年9月に発売されたばかりの「超音波ウォッシャー」は、服についてしまった食べこぼしや化粧品など、手洗いや洗濯機だけではなかなか落ちない汚れ・シミを弾き落とすことができる便利家電。

f:id:ponparemall:20170110115521j:plain

キャップを外すと現れる超音波ホーン(先端の金属部分)を汚れに当てると、超音波振動によって発生する真空の泡が弾け、繊維に付着した汚れが落ちるという仕組みです。

f:id:ponparemall:20170110115557j:plain

電源を入れると超音波ホーンが熱を持つので、使用中は触らない方がいいでしょう

シャープ 超音波ウォッシャー UW-A1/オープン価格

在庫をチェックする⇒

水に浸した汚れの上をなぞるだけでシミ抜き完了!

使い方は簡単です。まずは洗面所や洗面器に水を浅めに溜め、服の汚れた部分を浸します。

f:id:ponparemall:20170110115747j:plain

超音波ウォッシャーの電源を入れ、服を浸した状態のまま、超音波ホーンで汚れを軽くなぞると、服に染みついていた汚れが落ちていきます。

汚れが落ちにくい場合は、洗濯用液体洗剤を汚れ部分に塗ってから使用するとシミ取り効果がアップします。

f:id:ponparemall:20170110115820j:plain

電源を入れても振動や音はまったく発生しませんが、水に浸けると少しキーンとした音が鳴ります

まずは、意外とシミになりやすいケチャップの汚れを落としてみました。

f:id:ponparemall:20170110115904j:plain
1 2 3次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。