体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダーティー・プロジェクターズ大復活! 4年ぶりのアルバムに先駆け、大作「Up in Hudson」が公開中です

ダーティー・プロジェクターズ大復活! 4年ぶりのアルバムに先駆け、大作「Up in Hudson」が公開中です

2002年の結成以来、現在までに7枚のアルバムを発表し、ここ日本でも絶大な人気を誇る米NYはブルックリン出身のダーティー・プロジェクターズ。そんな彼らが、ニュー・アルバム『ダーティー・プロジェクターズ』を2月24日にリリースすることがわかった。

国内外で絶賛され、バンドの最高傑作とも言われる前作『スウィング・ロー・マゼラン』から約4年。ニューアルバムはセルフ・タイトルを冠した一枚となる。

2012年にツアーを終えたあと、失恋を経験したデイヴ・ロングストレス(Vo&Gt)。心身ともに疲弊し、一時は音楽に対するモチベーションを完全に失ってしまったが、ポール・マッカートニー、カニエ・ウェスト、ソランジュ、ジョアンナ・ニューサムらさまざまなアーティストのアレンジや作曲、プロデュースを通して音楽への熱意を取り戻し、新たなダーティー・プロジェクターズのサウンドを発見したという。

すでに公開されて『Pitchfork』で“Best New Music”を獲得したシングル「Keep Your Name」を含めた全9曲入りとなる今作は、デイヴ自らが作曲とプロデュースを担当。話題の米シンガー、ソランジュやタイヨンダイ・ブラクストンといった豪華ゲストが参加している。インディ・ロック、R&B、エレクトロニック……ジャンルの枠を超えた新たな傑作が誕生した。

そんな話題作より、新たに「Up in Hudson」も公開された。8分にわたる大作、ぜひチェックしてみてほしい。(田山雄士)

『ダーティー・プロジェクターズ』
2月24日発売
HSE-1174 ¥2,400円+税
<収録曲>
01.Keep Your Name
02.Death Spiral
03.Up In Hudson
04.Work Together
05.Little Bubble
06.Winner Take Nothing
07.Ascent Through Clouds
08.Cool Your Heart
09.I See You
※日本盤はボーナス・トラック、歌詞対訳、ライナーノーツ付き(予定)

「Up In Hudson」試聴

https://youtu.be/YpCruYl7kz4
ダーティー・プロジェクターズ大復活! 4年ぶりのアルバムに先駆け、大作「Up in Hudson」が公開中です

『ダーティー・プロジェクターズ』

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。