体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Steam週間セール実施中 『Brothers』『Momodora』などおすすめインディーゲーム5作を紹介

ゲーム配信プラットフォーム「Steam」にて現在、週間セールが実施中となっている。

今回は、セールの対象となっている作品のうち、おすすめのインディーゲームを5作品ピックアップして紹介しよう。全て日本語で楽しめるゲームとなっているので、興味を持ったゲームを見つけたらぜひともプレイしてみてほしい。

『Brothers – A Tale of Two Sons』

Steam おすすめ 名作 ゲーム

死の淵に立たされている1人の男。苦しんでいる父を何としても治療したい2人の息子たちに残された手立ては、もはや1つしか無かった。
2人は「命の水」を見つけ出して家に持ち帰るための旅へと出る。2人は生き延びるため、互いを助けあっていかなければならない。
1人が強くある時、もう1人は弱さを見せる。一方が勇敢である時、他方は恐れを感じる。彼らは…兄弟なのだ。
(配信ページより引用)

 
本作は、スウェーデン人ディレクターJosef Faresとゲーム制作会社Starbreeze Studiosが作り上げたアドベンチャー。ゲームシステムとしては、2人の兄弟の操作をひとつのコントローラで行うシステムが特徴。左右のスティックが兄弟それぞれの動きに対応しているので、兄弟で協力してマップ上の仕掛けなどを上手く乗り越えよう。

パズルを解いたり、様々な場所を探検したり、ボスとバトルを繰り広げた先に待つのは、ゲームならではの衝撃的な演出。作品を終えた後、きっと心に残るものがあるだろう。ぜひ、最後までプレイしてほしい。

『Momodora:月下のレクイエム』

Steam おすすめ 名作 ゲーム
 
まず紹介するのは、Bombserviceが手掛ける『Momodora』シリーズの4作目『Momodora:月下のレクイエム』。広いマップを探索するタイプの2D横スクロールアクションで、いわゆる「メトロイドヴァニア」と呼ばれるジャンル。

本作でまず目を奪われるのがドット絵で描き込まれたビジュアル。特に「動き」がすばらしい。ドット絵のレトロな印象を受けつつも、なめらかに動くキャラクターのアニメーションはまさに現代の産物。プレイ中、主人公の司祭・カホのやわらかい走りモーションや、ヒットストップがビシッとかかる攻撃モーションも気持ちいい。待機モーションで見せてくれるあくびなどもかわいらしい。

本作はジャンプ&アタックを基本としたスタンダードな2Dアクションだが、カエデの葉を使った近接攻撃の他に、弓矢による遠距離攻撃、2段ジャンプや回避の前転など、初期状態からアクションが豊富。さらに、探索中にゲットしたアイテムでアクションが増えていくため、カホはだんだんと高性能キャラクターとなっていく。

通常の敵の攻撃で体力の大半が奪われてしまうバランスだが、敵への攻撃ヒット時にビシッとかかるヒットストップとともに発生する、長いのけぞりモーションがチャンスとなる。1発当てれば敵の攻撃を中断させられるため、先手必勝だ。また、のけぞりモーションの最中は無防備なので、追撃でコンボを狙える。早い話が、1発当てれば「ずっとオレのターン!」となる。先手をとれず、敵の攻撃を許してしまうと非常に痛い反面、1発でも当ててしまえばなんとかなるので、リスクとリターンのバランスが取れている。

本作は3~4時間程度でクリアできるボリュームだが、本作の真髄は周回プレイにある。クリア後、アイテムやマップなどのデータを引き継いでの2周目が可能となっており、思う存分マップを埋めたりアイテムを収集することが可能なのだ。歯ごたえのあるアクションを求める人におすすめの作品となっている。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。