体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スリム体型と潤い美肌の素!毎日の「卵」でダイエット&アンチエイジング!

スリム体型と潤い美肌の素!毎日の「卵」でダイエット&アンチエイジング!
ダイエットをすると体重は減るけれども、肌はボロボロになるし、身体もげっそり、垂れてしまって美しくなれない……!そんな場合は、栄養不足が代謝の低下を招いている可能性があります。カロリーオーバーを防いで栄養バランスを整えるには「卵」がおすすめ。毎日の卵でツヤ肌とメリハリボディを実現しましょう。

卵はダイエットに活用しやすい食品

卵は雛鳥が成長するために必要な栄養素の宝庫。ビタミンCと食物繊維以外全ての栄養素が含まれていることがら「完全栄養食」とも呼ばれています。

注目したいのは、良質なたんぱく質とビタミンが豊富なところ。筋肉や肌細胞の原料となるたんぱく質の栄養価は、その質を示す“アミノ酸スコア”が満点の100を示すほど優れています。卵から良質なたんぱく源を摂取することで、肌のターンオーバーや、エネルギーを消費する筋肉の修復をスムーズに整えることができるのです。

玉子のイメージ

様々な食べ方で食べよう

卵は調理法によって、見た目も、味も、栄養価も変わります。熱によって壊れてしまう栄養素がありますし、付け合わせの食材によっても摂取できる栄養素が変わってきます。生やゆで卵、卵焼き、中華炒め、オムレツなど、気分によって食べ方を変えると良いでしょう。

単品ダイエットはNG!

いくら卵の栄養価が高いと言っても、卵「だけ」ではバランスが整いません。ビタミンCや食物繊維は野菜や果物から補いたいですし、エネルギー源となる糖質(炭水化物)もしっかり摂取すべき。主食・主菜・副菜・汁物のバランスの良い食事メニューの中に卵料理を取り入れていくことで、栄養バランスを整えやすくなります。

卵料理のイメージ
体内ではたらく栄養素は、食事でとりいれたものでまかなわれます。何を食べるかが、明日からの身体をつくっていくということ。ぜひ、毎日の食卓に良質なたんぱく質を取り入れて、若々しいスリムボディを叶えてくださいね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

【シンメトリー美人説】美人への近道!体や顔の歪みを防ぐコツ
A型は格闘技観戦!?血液型別「距離が縮まる意外なデート」
下腹痩せに役立つ!ピラティスエクササイズ5選!
即効でほうれい線を薄くする、リフトアップのワザ3つ!
【レシピつき】抗酸化力あり、カルシウムたっぷり!桜えびでシミ・シワ防止

生活・趣味
美LAB.の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。