体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

交通取り締まりの覆面パトカーを見抜く方法とは

交通取り締まりの覆面パトカーを見抜く方法とは

幹線道路などでスピード違反などを狙っているのが交通取り締まり用の覆面パトカーです。一般車に紛れて走行することを目的とするため、人目で覆面パトカーとわかるような外観的な特徴はどんどんなくなりつつあります。そんな覆面パトカーを見抜くテクニックを紹介しましょう。

覆面パトカーはクラウンが9割

覆面パトカーを見分けるなら、まずは車種である程度ターゲットを絞るのが効率的。というのも、最近の覆面パトカーは外観から見分けることがだんだん難しくなってきているからです。

最も気にすべき存在はトヨタの200系クラウン。また「ゼロクラ」と呼ばれる180系クラウンも数多く存在します。クラウンは、存在する交通取り締まり用覆面パトカーの9割を占めるともいわれるほどです。

数少ない覆面パトカーの外見的に特徴に、ルーフにある赤色灯のフタがあります。違反車を追尾したり追尾式のスピード測定を行う際に、ルーフのフタが開いて赤色灯が出てくるのです。RV車など運転席の高いクルマから確認できます。

覆面パトカーは男性2人で乗車

LEDの前面警光灯がフロントグリル内に設置されていることも、覆面パトカの外見的な特徴です。こちらも追尾中やスピード測定中に点灯されます。ただし、点灯していないときは目を凝らさなければ判別できないレベルです。

リアウィンドウ上の中央に設置されるユーロアンテナも覆面パトカーを見分けるポイント。このほか、車体がピカピカに磨き上げられていることなども、特徴として挙げられます。

外観的な特徴が減ってきている覆面パトカーは、運転席と助手席に乗車している警官で判別したほうが確実かもしれません。ヘルメットや青い制服姿で、男性2人で乗車していれば、それは間違いなく覆面パトカーだからです。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。