体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知っているようで知らない!?タイヤ交換のサインって何?【Let’sGo! 車界科見学】

カーセンサー本誌で毎月連載されている「Let’s Go! 車界科見学」。車に乗っていれば日常的に起こることの中に、疑問には思うが、知らなくてもお店や誰かがやってくれることがある。その中で、知ればナットク!の情報をGetしに、車界のプロの仕事を見学しに行く企画。今回は、普段なかなか気に留めることはないが、定期的に替える必要があるタイヤについて、車界科見学してきました。

▲タイヤ専門店であるタイヤ館西船橋店では、まずユーザーに使用状況などを問診し、空気圧や残り溝などのチェックを行ってからアドバイスを送っている

▲タイヤ専門店であるタイヤ館西船橋店では、まずユーザーに使用状況などを問診し、空気圧や残り溝などのチェックを行ってからアドバイスを送っている

交換時期の判断基準は3つだけ。自宅でも確認可能

車の中で、路面と接する唯一の部分であるタイヤ。安全に運転するためにはとても重要なパーツですが、どういったタイミングで交換すればいいのか、基準がわかりにくいのも確か。「装着から3年または3万km」が1つの基準ではあるのですが、車検のタイミングに勧められて、なんとなく替えたという人も多いのではないでしょうか。

そこで、タイヤ専門店であるタイヤ館西船橋店の店長、中谷亮さんにタイヤをチェックするための基準を教えてもらいましたのでご紹介させていただきます。

▲タイヤ館西船橋店、店長の中谷亮さん

▲タイヤ館西船橋店、店長の中谷亮さん

タイヤの交換時期を判断するための基準は3つ。タイヤがすり減っていないか、傷ついていないか、長い期間使いすぎていないかということです。あらかじめガソリンスタンドなどでタイヤの空気圧を適正な数値にしておけば、自宅でも簡単にタイヤ交換が必要か確認できます。

▲まず空気圧を適正な数値に調整してからチェックを開始。空気圧の適正値は運転席側のドア内側に記されていることが多い

▲まず空気圧を適正な数値に調整してからチェックを開始。空気圧の適正値は運転席側のドア内側に記されていることが多い

タイヤ交換が必要かを判断するための3つの基準

①タイヤのすり減り

タイヤの残り溝がどれくらいあるかによって、雨の日の排水性能が変わってきます。残り溝が1.6mmがタイヤの使用限界となっていて、これ以下で走行することは道路運送車両法で禁止されており、もちろん車検も通りません。溝の一部に高さ1.6mmのスリップサインが付けられています。

スリップサインの位置は、タイヤ側面に付いている△のマークの位置が目印です。その場所の延長線上の溝の底に、スリップサインがあります。フロントタイヤの場合、左右どちらかにハンドルを切ると確認しやすいでしょう。スリップサインがあらわになっていたら即交換ですが、安全性を考えると残り2~3mmで交換することをオススメします。タイヤ専門店では専用のゲージで、より正確に測定することができます。

▲スリップサインはタイヤのサイド部分に6カ所ほど付られている△型のマーク

▲スリップサインはタイヤのサイド部分に6カ所ほど付けられている△型のマーク

▲溝の中の膨らんでいる部分がスリップサイン。溝の深さ1.6mmの高さに付られており、これが左右とつながってしまうと使用できなくなる
1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。