体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

PIERROT×DIR EN GREY、異例のプロジェクト“ANDROGYNOS”が7月に本格始動

ヴィジュアル系ロックの二大カリスマと言われたPIERROTとDIR EN GREYによる歴史的ビッグプロジェクト・ANDROGYNOSのオフィシャルサイトが更新され、『交わる事の無かった2バンド 交わる事の無かった2つの物体 ここに破壊的融合』というキャッチフレーズと共に『JULY 2017』と2017年7月に始動することがアナウンスされた。
「ANDROGYNOS」告知画像 (okmusic UP's)
プロジェクトの中身は現在検討されているが、かつてヴィジュアル系バンドのファンの間では『二大宗教戦争』と言われるほど対立していたバンド同士の新プロジェクトだけに注目度が一気に高まりそうだ。

PIERROTとDIR EN GREYは、ヴィジュアル系のバンドが全盛期だった95年後半から00年代前半にかけて二大カリスマとして人気を集めた。特に、東京・原宿の神宮橋では、双方のファンが詰めかけ、コスチュームで競い合い、その後『2つの宗教(バンド)の信者(ファン)による抗争』にも繋がっていったといい、ファンの間では『神宮橋の宗教戦争』として語り継がれてきた。

ヴィジュアル系バンドに詳しい音楽関係者によると、『ヴィジュアル系の世界では、PIERROTとDIR EN GREYが組むなんで想像すら出来なかった。』と驚きを隠せない様子。すでに7月の始動に向けて準備が進められているとのことで、今年はPIERROTとDIR EN GREYのプロジェクトが音楽業界にとっての大きな起爆剤になるかもしれない。

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。