体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ある意味チャレンジメニュー 顎関節注意も促される超極太な恵方巻き登場

ある意味チャレンジメニュー 顎関節注意も促される超極太な恵方巻き登場

 邪気を払うという言い伝えで食べられていた鰯の知名度を越えて、もはや全国区の知名度となった、関西発祥の節分定番料理「恵方巻き」。 町中の正月の雰囲気も薄らいだ1月12日にイトーヨーカドーが今年の恵方巻き試食会を開催するというので招待されるままに参加してきた。

■スタッフから「顎関節注意」を促される恵方巻き

 今年の恵方巻きは昨年好評だった、イタリアンレストラン「オステリア ルッカ」のオーナーシェフ桝谷周一郎氏監修「サーモンのミルフィーユ仕立てROLL(ハーフ)」、メディアなどでも活躍する料理研究家の浜内千波氏監修「阿波尾鶏と生ハムのサラダ恵方巻(ハーフ)」、“豊漁八宝海鮮巻(ハーフ)”“胡麻香る!海老たっぷりサラダ巻き(ハーフ)”“卵が決め手!招福恵方巻(ハーフ)”の3種の恵方巻がセットになった「イトーヨーカドー自慢の三福セット」、煮穴子とごぼうを稲荷で巻いた「ふっくら煮穴子とごぼうの信田巻」、直径60mm、開発スタッフも食べる際には「顎が外れないように注意してください」という15種類の海鮮を惜しみなく巻いた「15種類の豪華絢爛海鮮巻」の7種5商品を用意。7種類の恵方巻を味わってきたので、それぞれについてお伝えしていこう。

取材場面

■これがイトーヨーカドーのビッグマグナム「15種類の豪華絢爛海鮮巻」

 圧倒的な質量と「食べる際に顎関節に気をつけて食べてくだい」と表する圧巻の太さを誇る極太巻きが「15種類の豪華絢爛海鮮巻」。

 細巻きの6倍、一般的な太巻きの2倍の太さを誇るこの新作恵方巻きは、口をつける場所によって味わいが変わるという趣向が凝らされており、ボリューム、味ともに今回、試食した恵方巻きの中で最もおすすめしたい一品。チャレンジメニュー的意味でも……。
 使用されている具材は、外周から煮穴子、えんがわ、すじこ、うに、本ずわいがに、甘エビ、とびっこ、まぐろのたたき、オーロラサーモン、真鯛、ほたて、ぶり、まぐろ、海老、数の子の15種類。
 極太のこの恵方巻きを一口、口にすれば、海鮮丼を勢い良くかっこんだかのような錯覚を覚えることができた。
15種類の豪華絢爛海鮮巻
断面

■試食会一番人気!「ふっくら煮穴子とごぼうの信田巻」

 海苔の代わりに甘いお稲荷さんの皮を使って、ふっくらと甘く煮上げた穴子とアクセントになるごぼうを具材とした変わり恵方巻。

 そもそも信田巻とは、関西地方の郷土料理で、開いた油揚げで様々な具材を巻いて煮付けた料理のこと。今回、発売されるこの恵方巻きも酢飯と具材を油揚げで巻いており、煮てはいないが、煮穴子などをつかっているので、広義の意味で信田巻といえるのだろう。

 茶色分が多く、昭和のお弁当を思わせる見た目だが、ひとたび口中に取り込めば、揚げと煮穴子の甘い味わいが口いっぱいに広がり、さらにふっくらと柔らかいだけではなく、ささがきにされたごぼうがシャキシャキとはごたえが程よい歯ごたえを与えてくれる。試食会には男女あわせて20人以上が参加していたが、口々に美味しいと感想を述べており、始まって15分くらいで、用意された分が品切れとなっていた。
ふっくら煮穴子とごぼうの信田巻
ふっくら煮穴子とごぼうの信田巻 断面

1 2 3次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。