体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NTTドコモ、発売が遅れていたクマのぬいぐるみ型情報端末「コミュニケーションパートナー ここくま」を1月25日に発売

NTT ドコモは 1 月 20 日、発売が遅れていたクマのぬいぐるみ型情報端末「コミュニケーションパートナー ここくま」を 1 月 25 日に発売すると発表しました。「ここくま」は離れて暮らしている家族の新しいコミュニケーション手段を提供するために開発されたロボットで、ボイスメッセージを送受信したり、内蔵された人感センサーによって所有者が近づくと名前を呼んで天気予報を教えてくれたりとおしゃべりします。ターゲットは離れた場所で暮らしている高齢者や子供でしょうか。通信機能を搭載しているので利用するには月額 1,980 円 + 税の通信料が発生します。「ここくま」本体の価格は 34,800 円 + 税です。「ここくま」メイン機能であるボイスメッセージ機能は、両手に備えられた録音・再生ボタンを押すだけで利用できるようになっています。送信相手はスマートフォンアプリを利用し、「ここくま」からの音声メッセージを視聴したり、アプリでメッセージを吹き込んで送信します。また、家族のスマートフォンにインストールしたアプリで「ここくま」に保存されたメッセージの再生の有無を確認することでユーザーの動静を確認できる見守り機能も搭載しています。Source : NTT ドコモここくま販売店舗リスト

■関連記事
ASUS、ZenFone 4を5月に発売予定? ZenFone 3から平均価格が上がる模様
TCL、国内版「Alcatel Idol 3」のソフトウェアアップデートを開始、LINEツムツムとの相性を改善
ZenFone 3の通知管理機能は煩わしいアプリ通知を簡単にブロックできる。ブロックの解除も容易

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。