体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワム!のジョージ・マイケルが作っていた意外な曲

ワム!のジョージ・マイケルが作っていた意外な曲
J-WAVEで放送中の番組「ACOUSTIC COUNTY」のワンコーナー「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」(ナビゲーター:西村由紀江)。1月19日(木)のオンエアでは、この週のテーマでもあり、2016年12月25日にこの世を去った天才アイドル「ジョージ・マイケル」のエピソードを紹介しました。

まず、2004年のアルバム「Patience(ペイシェンス)」に収録されている「John And Elvis Are Dead」(ジョンとエルヴィスは死んだ)という曲を流した西村。この“ジョン”と“エルヴィス”とは、ジョン・レノンとエルヴィス・プレスリーのことを表しているそう。

この曲のミュージックビデオには、ジョン・レノンとエルヴィス・プレスリーが登場し、その他にも、「社会と闘った人たち」「変わり者と呼ばれた人たち」が何人も登場しているのだとか。

2001年の9月11日にアメリカ同時多発テロが起き、世界はいわゆる「対テロ戦争」に突入していました。そんな中で、ジョージ・マイケルが8年ぶりにリリースしたオリジナルアルバムが、この「Patience」だったそう。

そして、西村は、あるインタビューで語ったというジョージ・マイケルの言葉を引用しました。

「ペイシェンスとは“忍耐”のこと。今、世界に最も必要なのは“忍耐”だ。離婚や差別、貧富の差の激しい僕ら欧米の社会。中東の人たちにとってこれは、受け入れがたい世界だと思うよね。考えてみれば、欧米の社会、暮らしは、ひどいものにしか見えない。まったく文化的じゃない、知的レベルが低すぎるものね。西洋も東洋も中東も、今こそペイシェンス…忍耐のときだと思う。争うのではなく、忍耐強く理解し合うこと、それが大切なんだ」

「ワム!」のメンバーであり、甘いラブソングやクリスマスソングのイメージがあるジョージ・マイケルですが、「実は、社会的なメッセージソングや反戦ソング、地球規模の愛の歌も、数多く作っています」と、彼の功績をリスナーに伝える西村でした。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」
放送日時:月・火・水・木曜 15時15分ー15時20分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/secretnotes/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。