体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Hilcrhyme、ユーザー参加の“寄り添う”動画公開&TOCがレーベル第2弾アーティストを発表

Hilcrhymeが7thアルバム『SIDE BY SIDE』発売時期から募集していた「大切な人と“寄り添う”写真」を使用し、2分15秒の感動的な動画を公開した。
「SIDE BY SIDE」動画 キャプチャ (okmusic UP's)
2016年12月に発売した7thアルバム『SIDE BY SIDE』に込めた想いが多くの方に届くことを願い、ツイッターやオフィシャルサイトにて写真を募集。その集まった1,000枚以上の写真から170枚を使用し、今回の動画が誕生した。

応募された写真はどれも、家族や仲間、恋人同士、そして生まれくる子供との繋がりを思わせる、それぞれの人生に寄り添う大切な人との写真となっており、その中にはもちろんHilcrhymeのTOCとDJ KATSU、ふたりの写真も含まれている。こちらの動画はHilcrhymeの特設サイトで公開されているので、是非チェックしてほしい。

そんなHilcrhymeが3月25日(土)に地元新潟・朱鷺メッセでワンマン公演『Hilcrhyme結成10周年記念特別公演「朱ノ鷺二〇一七」』を開催する。今回はあえてダンサーは入れず、ふたりだけのパフォーマンスでアリーナのステージを熱く魅せる予定。ライブパフォーマンスに定評があるHilcrhymeならではの、10年に渡る彼らの歴史が体感できるライブになるので、ぜひこの機会に朱鷺メッセまで足を運んでほしい。チケットは1月21日(土)発売となっている。

さらに、メンバーのTOCが主宰するレーベル“DRESS RECORDS”の第2弾アーティストとして、京都出身のシンガー弘Jr.(ヒロム・ジュニア)がメジャーデビューすることが発表された。2014年発売のTOCのファーストアルバム『IN PHASE』への客演参加がきっかけとなり、その実力がTOCに認められたという。2月からはじまる『TOC LIVE TOUR 2017 過呼吸~アンコール~』でのフロント・アクト出演も決定しており、デビュー決定後の初お披露目となる。

■Hilcrhyme 特設サイト

http://sp.universal-music.co.jp/hilcrhyme/10th/

【各関係者よりコメント】
■TOC

この度、DRESS RECORDS第二弾アーティストとして「弘Jr.」がユニバーサルミュージックよりメジャーデビューをいたします。

弘Jr.とは、私、TOCのファーストアルバム”IN PHASE”の客演アーティストとして参加してもらったことがキッカケで知り合いました。高い音楽性と豊かな表現力、リリックから滲み出る人間性に共感し、アンダーグラウンドシーンに居つつも、そのスタイルにはHIPHOPの枠を飛び越えた何かを感じました。

そんな弘Jr.を、「HIPHOPにDressを着せ大衆に届ける」というDRESS RECORDSのレーベル理念にフィットするアーティストであると判断をし、今回メジャーデビューという運びとなりました。

また、TOCの「TOC LIVE TOUR 2017 過呼吸~アンコール~」全国4公演全てに、弘Jr.はフロント アクトとして参加いたします。

初お披露目となる弘Jr.のLIVE、そしてTOCの過呼吸セット、DRESS RECORDSの展望を一気にお見せするツアーとなりますので、是非、足をお運び下さい。

今後とも、DRESS RECORDSをよろしくお願いいたします。

■弘Jr.

全ての人の良心に耳をすませたら、聞こえてくる言葉達。

世の中は、常に二者択一の判断することが多い、YESと、NO。

対人関係でも相手の願望と、自我。

その中で、僕に出来ること、声を出せる、言葉で何かを伝えられる。

メロディだけでも、人の心に調和や、不調和を与えられる。

音楽や、言葉や、表現を通じて、少しでも明るい方向へと手伝いが出来ると思っています。

自分も悩み、泣き、笑いする人間だからこそ、それを通じ何できるのか? 自分の出来る事を表現して行きたい。

10周年記念特別公演「朱ノ鷺二〇一七」
3月25日(日) 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター

OPEN 15:00 / START 16:00

※2017年1月21日(土)チケット一般発売開始

Hilcrhyme (okmusic UP's)
弘Jr. (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。