体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Berryの甘酸っぱさが奏でる愛!溢れる想いをチョコにのせて

ハイクオリティーで純粋なチョコレート製品を提供する新しいカタチのチョコレートショップ「green bean to bar CHOCOLATE(グリーン ビーン トゥ バー チョコレート)」は、「VALENTAINE’S BERRY LOVE」全3アイテムを1月21日(土)より販売。

今季のテーマは、ずばり“甘酸っぱさを秘める恋愛模様”!

ジューシーでフルーティーな酸味が特徴のカカオ豆を使い、ハートが織りなすさまざまな想い、人々の関係性を、バー、ボンボンショコラセレクションで表現した。

BERRY色の甘美なパッケージは、green bean to bar CHOCOLATEレギュラー商品同様、和紙を使い、手作業で一つ一つラッピングしている。

「BERRY LOVE / chocolate bar」1944円(税込)は、タンザニア産のカカオ豆を使用し、フリーズドライラズベリーとキャラメリゼしたカカオニブスを盛りつけることで、甘いキャラメルとカカオ本来の香りが堪能できる一品。

「BERRY LOVE/ BONBON CHCOLAT 4pics/9pics」1944円(税込)/4374円(税込)は、恋愛のステップを鼓動に模したボンボンショコラ。太陽の恵みをたっぷり浴びたセサミ、シャンドゥーヤ、アーモンドを使ったボンボン、キャラメルを使った優しい甘さを放つボンボン3種、ラムやウィスキーを使った力強く芳香なお酒がガナッシュを引き立てるボンボンと、さまざまなフレーバーが楽しめるセレクションになっている。

溢れる想いをカカオの薫りにのせて、大切な人へ贈ってみてはいかが?

■『green bean to bar CHOCOLATE 中目黒店』
住所:東京都目黒区青葉台2-16-11

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。