体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SPECIAL OTHERS、コラボ作品集『SPECIAL OTHERS ?』参加アーティスト第2弾発表

SPECIAL OTHERS、コラボ作品集『SPECIAL OTHERS ?』参加アーティスト第2弾発表

 SPECIAL OTHERSが、3月1 日にリリースするコラボ作品集『SPECIALOTHERS ?』の参加アーティスト第2弾が発表された。

 今回リリースされるコラボ作品集『SPECIAL OTHERS ?』は、2011年に発売された『SPECIAL OTHERS』に続き、約5年ぶりとなる“ウタモノコラボ”第2弾。前作では、キヨサク(MONGOL800)、Kj(Dragon Ash)、オオキノブオ(ACIDMAN)、ホリエアツシ(ストレイテナー)、マレウレウ、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATIONS)、サイプレス上野とロベルト吉野といった、スペアザメンバーとかねてより親交の深い豪華アーティストとのコラボレーションが実現。

 本作はその第2弾企画ということで、前作同様にそのタイトル通りSPECIAL OTHERSにとっての『SPECIAL OTHERS=(特別な他人)』が集結し、楽曲ごとに様々な化学反応が楽しめる作品になっている。“10周年”にちなんで、既に発表となっている斉藤和義を含む、10人のアーティストとコラボし、全5曲のコラボ楽曲を収録予定。

 今回参加が明らかとなった第2弾コラボアーティストは、RIP SLYME。約8年前、夏フェスでの出会いをきっかけに、以後、各地イベントでの共演を重ねるごと親密さを増し、お互いのワンマンライブにも足を運びあうなど、親交を深めてきた。そんなRIP SLYMEをゲストボーカルに迎えた楽曲「はじまりはQ(9)CUE」はリリックをRIP SLYME、トラックをスペアザが担当。スペアザの真骨頂とも言えるMellowなトラックに、RYO-Z/ILMARI/PES/SUそれぞれのオリジナリティ溢れるリリックとDJ FUMIYAのスクラッチが絡み合う、絶妙なポップチューンとなっている。

 コラボアーティストのRYO-Z (RIP SLYME) は、「まず俺が個人的にスペアザと交流があって、フェスとかで一緒になると曲の中でも言ってるんだけど、あれやこれや外に出せない赤ら顔トークなどで親交を深めつつ、インストバンドとして屈指のイケてるヤツらと思っていたので今回は念願のコラボです!! デモもスタジオもホッッッッッッッッッントに楽しかった!!」と語り、SPECIAL OTHERSメンバーも、「我々のなりたい大人ナンバーワン。そんなRIP SLYMEとのコラボが実現する日がくるなんて、こちらはモテる準備がもうできています。あれやこれやRIP SLYMEとやってみたい曲は何曲も浮かびますが、今回はこれ!メンバーそれぞれの個性が絶妙のバランスで一塊になった、RIP SLYME感をレコーディングで更に感じることができて、もはやナンバーワンを通り越してナンバーゼロです!」とコメントしている。

◎リリース情報
アルバム『SPECIAL OTHERS ?』
2017/3/1(水) Release
<初回盤>3CD
VIZL-1114/3,600円(tax out.)
<通常盤>CD  
VICL-64715/1800円(tax out.)

関連記事リンク(外部サイト)

SPECIAL OTHERS お台場でフリーライブ開催
SPECIAL OTHERS 恒例の野外ワンマンライブを6/26 大阪城音楽堂にて開催決
SPECIAL OTHERS“10周年”だらけのインストバラード「I’LL BE BACK」MV公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。