体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エイミー・マン、5年ぶりアルバム「メンタル・イルネス」発売決定 新曲「グース・スノー・コーン」公開

エイミー・マン、5年ぶりアルバム「メンタル・イルネス」発売決定 新曲「グース・スノー・コーン」公開

エイミー・マンが、5年ぶり通算9作目となるアルバム「メンタル・イルネス」が4月5日に発売されることが決定した。公開されたばかりの新曲「グース・スノー・コーン」が早くもファンの間で大きな話題を呼んでいる。

今作は、名作との呼び声も高い「スマイラーズ」「チャーマー」に続き、今作もバンド・メンバーでもある盟友ポール・ブライアンがプロデュースを手掛け、透明感と温かみを兼ね備えた存在感のあるヴォーカル、文学性と独創性に優れた歌詞世界は新作でももちろん健在。前作「チャーマー」が70〜80年代の“スーパー・ポップ”の影響を受けたエレクトリック・ギターとキーボードを中心としたポップ・サウンドであったのに対し、今作はアコースティック・ギターやピアノ、ストリングスを中心としたより繊細でオーガニックな美しいサウンドに仕上がっている。

これまで作品ごとに異なるテーマで独特の世界観を創りあげてきたエイミー。「ザ・フォーゴトン・アーム」(5作目)では帰還兵でボクサーの男性とその恋人の物語を描き、「スマイラーズ」では“揺るぎないハッピーさで笑顔を絶やさないポップカルチャー”を皮肉り、前作「チャーマー」では魅力をふりまく人たちとその魅力にふりまわされる人の心のポートレートを綴った。独自の鋭い観察眼で人の心の陰影を見事に昇華して描きだす彼女の歌詞は、これまでも多くの音楽ファンを惹きつけてきたが、去年アメリカ大統領選前に発表した楽曲「Can’t You Tell」では、トランプ氏の過剰な自己耽溺ぶりを一人称の本人目線で綴り、そのユニークな作風でも大きな話題を呼んだ。

そんなエイミー・マンの新作「メンタル・イルネス」について、「私はアンニュイな雰囲気の曲ばかりを書くアーティストだって定説のように言われているみたい。だったら徹底的にそういうアルバムにしてみようと思ったの。タイトルを『メンタル・イルネス』にしたのは自分でも笑っちゃうわ。あまりにもストレートすぎるタイトルで、可笑しいでしょ」と本人は語っている。

そんなユーモアとウィットを込めたメロウなアルバム・タイトル「メンタル・イルネス」とは裏腹に、聴いているだけで癒される凛とした優しい歌声は、憂う心の処方薬となって聴く人の心をすっと穏やかにしてくれるような楽曲ばかりを収録した珠玉のアルバム。日本盤は貴重なボーナス・トラック1曲を含む12曲を収録する。

エイミー・マン「グース・スノー・コーン」試聴

アルバム「メンタル・イルネス」収録曲
01. Goose Snow Cone / グース・スノー・コーン
※試聴: https://youtu.be/JZeiJFh2pDQ

02. Stuck In the Past / スタック・イン・ザ・パスト
03. You Never Loved Me / ユー・ネヴァー・ラヴド・ミー
04. Rollercoasters / ローラーコースターズ
05. Lies of Summer / ライズ・オブ・サマー
06. Patient Zero / ペイシェント・ゼロ ※iTunes予約注文で即入手可能
07. Good For Me / グッド・フォー・ミー
08. Knock It Off / ノック・イット・オフ
09. Philly Sinks / フィリー・シンクス
10. Simple Fix / シンプル・フィックス
11. Poor Judge / プア・ジャッジ
12. Throw You Over / スロー・ユー・オーヴァー ※日本盤CDボーナス・トラック

リリース情報

アルバム「メンタル・イルネス」
2017年4月5日(水)発売
国内盤(CD)SICX-77 2400円+税

配信/輸入盤CD
2017年3月31日発売
iTunesにて予約注文受付中。
iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/id1192647783?app=itunes&ls=1

関連リンク

エイミー・マン 日本オフィシャル・サイトwww.sonymusic.co.jp/aimeemann
エイミー・マン 海外オフィシャル・サイトwww.aimeemann.com

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。