体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リンゴ・スター、トランプ就任式に合わせ“国際平和デー”に公開した新曲を無料DL化

リンゴ・スター、トランプ就任式に合わせ“国際平和デー”に公開した新曲を無料DL化

 昨年の“国際平和デー”、2016年9月21日にリンゴ・スターが発表した新曲「Now The Time Has Come」が、初めて無料ダウンロード化される。

 和平のイニシアチブに焦点をあてたこの曲は、ドナルド・トランプが米大統領に就任する、現地時間2017年1月20日に無料ダウンロード可能となる。

 「Now The Time Has Come」は、リンゴとプロデューサーのブルース・シュガーによる共作曲で、2つのバージョンがあり、一つ目はリンゴとリチャード・ペイジ(元Mr.ミスターのリードシンガー)、コリン・ヘイ(元メン・アット・ワークのリードシンガー)、ビリー・バレンタインとのもので、2つ目はリンゴたちとラテン・アーティストのフォンセカによるもの。

 曲には「Now the time has come/Time has come for everyone/To lay down all your guns/And let the light of love shine on and on」(その時がきた/今こそみんなが/すべての銃を下ろして/愛の光を輝き続けさせるんだ)という詞が含まれている。

 リンゴ・スターは、2008年から毎年自身の誕生日である7月7日に“ピース&ラヴ”を祝ってきた。76歳の誕生日となった2016年7月7日には、ジョー・ウォルシュ、デヴィッド・リンチ、デイヴ・スチュワート、エドガー・ウィンターらとともに米ロスアンゼルスの<キャピトル・レコーズ>で祝賀イベントを行っている。

◎「Now the Time Has Come」
https://youtu.be/XVLo1CjIiAU

◎「Now the Time Has Come」
https://youtu.be/H9LKQ-cKixM

関連記事リンク(外部サイト)

【プレイバック2016】リンゴ・スター編~伝説の武道館から50年、ピース&ラヴに溢れた来日公演で日本のファンを魅了&ビートルズ初の“ひいおじいちゃん”に
リンゴ・スター、“ピース&ラヴ”なジャパン・ツアーを写真&映像で振り返る! J・バフェットやM・フリードマンもサプライズ出演
リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドによる来日ツアーがスタート、往年のヒット曲とリンゴのユーモア溢れる人柄にノックアウト

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。