体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

渡辺直美、のび太が勉強できない理由に共感

渡辺直美、のび太が勉強できない理由に共感
J-WAVEで放送中の番組「AVALON」(木曜ナビゲーター:渡辺直美)。今週は「受験生大応援ウィーク」ということで、1月19日(木)のオンエアでは、風水芸人の出雲阿国さんをお迎えしてお話を伺いました。

最近でも数々の著名人に風水のアドバイスをしたという阿国さん。そんな阿国さんいわく、受験に必要なのは「湿邪(しつじゃ)対策」。風水の世界では、不安になったりやる気が出なくなる状態を「湿邪(湿気の悪い気)にやられてる」と言うそうです。そこで、阿国さんがオススメするのは以下の方法。

・お風呂上がりに、水滴や結露をこまめに拭く
・勉強が終わったら片付けをして、机を水拭きしてから寝る
・集中できなくなったら手を洗う
・夜はしっかりお風呂に入って、朝は熱いシャワーを浴び、悪い気を取り払う
・湿邪は布団に付きやすいので、毎日干したり布団乾燥器に入れる

受験直前で、もしネガティブ・シンキングになってしまったときは、水回りの整理をしてリセットしてみてください。

さらに、勉強机の位置も重要だそうです。窓に向かって勉強してる人は集中力が散漫に、机の後ろに広く空間があるとネガティブ・シンキングに、なってしまうのだとか。

「『ドラえもん』の“のび太くん”が、まさにその間取りで勉強してるんです。窓に向かっている人は、反対に入り口に向かって勉強するのがいいと思います。後ろに空間がある場合は仕方ないので、背もたれにクッションなど置くなどして壁を作るといいですね」(出雲阿国さん)

また、「社長室などは、扉を正面に見るような机の配置が多いですよね。やっぱりそれが一番仕事に集中できるんです」という話を聞いた渡辺は、「本当だ…! すごい!」と感心していました。

この他には現役の東大生3人を迎え、受験の場面で役立つゲン担ぎなどのお話を伺いました。受験を控える皆さん、こちらもぜひ参考にしてみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「AVALON」
放送日時:月・火・水・木曜 22時−23時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。