体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MAN WITH A MISSION、2016春ツアーのポートメッセなごや公演を明日WOWOW独占放送

MAN WITH A MISSION、2016春ツアーのポートメッセなごや公演を明日WOWOW独占放送

MAN WITH A MISSIONが2016年2月に4枚目のアルバム「The World’s On Fire」をリリースし、3月から5月にかけて全国25ヶ所を回る春ツアー「The World’s On Fire TOUR 2016」を敢行(九州公演は地震の発生を受けて9月に実施)。WOWOWでは、このツアーから2016年11月3日に開催された愛知・ポートメッセなごや公演を1月21日20:00より独占放送する。

7月のヨーロッパツアーとアジアツアーを挟んで、10〜11月には千葉・幕張メッセ、愛知・ポートメッセなごや、大阪・インテックス大阪、宮城・石巻BLUE RESISTANCEで追加公演を開催。もちろん、チケットは全て即日完売となった。

2016年11月3日、ポートメッセなごや。MWAMにとって、単独公演では初となる場所。満員のオーディエンスは彼らの登場を待ちわびて、開演前から早くも会場の熱気が高まっていく。いよいよ開演時間となり、巨大な半球形のセットに重厚な映像が流れ、メッセージが伝えられる。歴史上、人類は闘争を繰り返してきたが、共生するために努力を続けている、と。

そして、メンバーが姿を現し、1曲目の「Survivor」から一気に会場を盛り上げる。ジャン・ケン・ジョニーが、「改メマシテMAN WITH A MISSIONト申シマス。ヨロシクオ願イシマス!アナタタチヲMAN WITH A MISSIONハ全身全霊ヲカケテブッツブシニキマシタ!全員マトメテカカッテコイ!」と煽り、「Dive」をはじめとしたダイナミックなナンバーでオーディエンスと音楽でぶつかり合う。

「Emotions」では炎の特効が演奏にさらなる熱を加え、「Memories」では観客がスマホを掲げ、無数の美しい光が会場を満たした。他にも、弾き語りで「ワンダーランド」をじっくりと聴かせたり、BOOM BOOM SATELLITES・中野雅之プロデュースの新曲「Hey Now」を披露したりと、多彩な楽曲を繰り出してオーディエンスを楽しませてくれる。終盤は、「世界中ニ怒リヤ悲シミヤ戦争ノ炎デナク、希望ノ炎ガ灯リマスヨウニ」という願いを込めて、アルバムとツアーのタイトルにもなった「The World’s On Fire」を歌い、会場を一つにした。

アンコールでは、熱狂必至の「FLY AGAIN」と、疾走感溢れる「Raise your flag」で会場の興奮を最高潮に引き上げた。最後まで、オーディエンスに息をつかせぬ勢いで駆け抜けた一夜だった。

ライブの迫力をリアルに伝える映像と、クオリティーの高いサウンドでMAN WITH A MISSIONの“熱さ”を体感しよう。

番組情報
「MAN WITH A MISSION presents “The World’s On Fire TOUR 2016” at Portmesse Nagoya」
2017年1月21日(土)20:00 WOWOWプライム
収録日:2016年11月3日
収録場所:愛知 ポートメッセなごや 第1展示館
特設サイト:http://www.wowow.co.jp/music/mwam/

関連リンク

WOWOWhttp://www.wowow.co.jp/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。