体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

TAG Heuer、5月にもAndroid Wear 2.0を搭載した新型スマートウオッチを発売へ

高級腕時計ブランド TAG Heuer が今年 5 月にも Android Wear 2.0 を搭載した新型スマートウォッチを発売する予定であることが明らかになりました。これは、スイスの地元メディア nzz に掲載された LVMH の CEO である Jean-Claude Biver 氏へのインタビュー記事の中で同氏が言及していたことです。TAG Heuer は 2015 年に 16 万円以上もする高級 Android Waer スマートウォッチ「Connected」を発売し、世間を驚かせましたが、同氏は Connected について、発売開始から 14 ヶ月で 56,000 台売れ、当初の予想(20,000 台)を大きく上回るものだったことを挙げながら、期待した以上の成功だったと評価しました。この中で同氏が 5 月に新型の発売予定を明らかにしたのですが、Android Wear 2.0 を搭載し、GPS や NFC(Android Pay 用)に対応すること以外は不明です。ただ、TAG Heuer は第 2 弾の販売目標を 150,000 台に設定しています。TAG Heuer は年内、6 ~ 8 機種のスマートウォッチを発売すると噂されており、5 月の新型発売を皮切りに、続々と他の機種も発売されると予想されます。Source : NZZ

■関連記事
Sony Mobile、Xperia X PerformanceとXperia XZに39.2.A.0.386ビルドのアップデートを配信開始
NEXCO各社、高速道路SA・PAのWi-Fiサービスを統合、3月より一つのアカウントで全エリアのWi-Fiが利用可能に
Galaxy S8のAIアシスタント “Bixby” はカメラを利用したビジュアル検索とOCR機能も搭載しているらしい

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。