ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「空耳アワーの尻芸人」が経営している“駄菓子バー”とは………!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今回お話を伺ったのは、お笑いコンビ「ダンサブル」の有田さん。「空耳アワー」の再現VTRに出てくる尻の持ち主でもある有田さんは、お笑い芸人をする傍ら、高円寺で「駄菓子バー」を経営しているという。

0421-2

バカでジャンクな駄菓子バー

BJ Bar」という駄菓子バーを経営している有田さん。名前は「バカ」で「ジャンク」の略称であり、チャージ500円で駄菓子が食べ放題、あとはドリンクが500円から。元々はアルバイトで働いていたが、10年程経ち、有田さんに子供が生まれたタイミングでオーナーから「じゃあ、1人でやってみないか?」と言われ、経営権を譲ってもらったそうだ。

今会いにいける尻男優

駄菓子が食べ放題と聞くと、お店があっという間に破産してしまいそうなイメージだが、実際には駄菓子を500円分も食べられる人は少ないらしい。例えば「うまい棒」だったら50本、仕入れ値で言えば52本も食べなければいけない為、商売としては中々に利益が出ているという。実は「タモリ倶楽部」のアワードの中で、お店のことを「今会いに行ける尻男優が経営している駄菓子バー」として紹介して貰えたらしく、全国から空耳ファンが集っているそうだ。

お酒に合う駄菓子

あまり想像が出来ない為、「お酒に合う駄菓子は何か?」と尋ねてみた所、有田さんがトップ3を教えてくれた。第3位は「うまい棒」、ビールやハイボールにはやっぱり乾き物。中でも明太味が一番いい。ちなみに、人気のコーンポタージュ味は、お酒とはあんまり合わないのだそう。第2位は「よっちゃんイカ」、特に焼酎に合うそうで、そもそものコンセプトが駄菓子というよりも「酒のあて」に近く、納得がいく一品だ。

0421-1

第1位は「さくら大根」という酢漬けの大根。「あれ、いわばただのお新香ですからね(笑)」と語った有田さん。好き嫌いもあるので、1番とは言わないですけど、有田さんの個人的見解では酒に最も合う駄菓子であるという。よければ是非一度、試して欲しい。

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。