体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Galaxy S8のAIアシスタント “Bixby” はカメラを利用したビジュアル検索とOCR機能も搭載しているらしい

Samsung の次期フラッグシップスマートフォン「Galaxy S8」に搭載される AI アシスタント機能 “Bixby” について、SamMobile が独自に得た情報を伝えています。Bixby については、これまでにいくつかの機能が伝えられてきました。以前は、商品の支払いを代行する機能やすべてのシステムアプリを操作できることが伝えられていました。そして、今回の SamMobile の報告によれば、Bixby は Galaxy S8 のカメラを利用したビジュアル検索と OCR 機能も提供するという。イメージとしては、Google が放置している Google Goggles アプリのようなものです。Galaxy S8 の標準カメラアプリには独自の Bixby ボタンが搭載されており、ユーザーがカメラをかざした物を読み取り、画像を分析してオブジェクトとテキストを識別します。Bixby は AI を活用しているので、単にオブジェクトを認識するだけではなく、オブジェクトを購入できる場所を検索したり、オンラインショップで直接購入することもできるなど、よりインテリジェントに機能すると言われています。Source : SamMobile

■関連記事
Android版「Googleドキュメント」にページ設定機能が追加
サンコー、冷却ファンとモバイルバッテリーを搭載したゲームコントローラー型スマートフォンスタンド「スマクール」を発売
国内のGoogleストアから「Android Wear」セクションが消える。Huawei Watchの販売終了に伴い

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。