体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催

世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催

「オーダーメイド」と聞くと、どこかハードルが高い印象。当然、普通のモノに比べると割高だし、そもそもどこでどう依頼したらイイのか分からない人も多いはず。

でも、世界でたったひとつ、自分だけのために作られるモノは、やっぱり魅力的。そこで、こんなイベントの紹介を。

今日は、
オーダーメイドの日。

世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催

1月20日(金)〜22日(日)の3日間、マーチエキュート神田万世橋にて開催される「オーダーメイドの日」は、洋服やアクセサリー、家具、雑貨など、さまざまなジャンルから一流の作り手が集うイベント。色・形・素材に至るまで、じっくりと吟味しながら、自分だけのモノを作ってもらえるのです。

主催は、「もみじ市」や「東京蚤の市」「布博」など、数々の人気イベントを開き、注目を集めている手紙社。ここでは、全19組の出店者の中から、5つをピックアップして紹介しましょう。

手紙舎珈琲焙煎所
(コーヒー)

世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催

まずは、その手紙社が経営する「手紙舎珈琲焙煎所」から。

豆の煎り方や種類、割合を変えることで、新しい味わいをつくりだせるブレンドコーヒー。豆が持つ個性によって、「香ばしい」「フルーティー」「甘みがある」など、まったく異なる風味が生まれます。

「オーダーメイドの日」では、80以上の組み合わせの中から、あなた好みのコーヒーをブレンド。パッケージデザインも気になりますね。世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催

日々の焙煎やドリップ作業を通じて身につけたノウハウをもとに、好みの味を細部まで再現。その場で試飲もでき、わずかな味の調整にも対応してくれるそうですよ。

・金額:3,000円(税込)※1袋200g+試飲代
・支払い方法:現金のみ

88/90 Products
(ワイヤークロック)

世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催

三重県のとある山間地域の古民家に製作室を構えている「88/90 Products」。変幻自在の針金を駆使したワイヤークロックをオーダーできます。

昔ながらの柱時計を彷彿させながらも、日々の暮らしによく馴染むデザイン。大きなモノでも幅12cm、縦20cm程度なので、とても軽量です。賃貸住宅に住んでいる人や、壁に大きな穴を開けたくないという人には特にオススメ。世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。