体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レディー・ガガ。あふれるパワーは次世代へ向いている

あふれるパワーを次世代へ。

まだある教育面での男女格差

貧困と予防可能な疾病を撲滅するために活動している組織「ONE」は、3月8日(水)の国際女性デーに向けて、ある書簡を公開しました。

タイトルは、「Poverty Is Sexist」。

なかには、以下のような文章が書かれていました。

「貧困国では、男子の比べて、女子が教育を受けることが度々拒否されています。教育は、貧困から脱出するために不可欠なものです。女子が教育過程を1年ごとに終了させていくたびに、彼女の将来の収入は増えることになります。これは、彼女の家族や地域、そして国にとっても素晴らしいことです」

まだまだなくならない、教育面での男女間格差。

学力の有無が生活へとそのまま直結する貧困国では、とても深刻な問題です。

レディー・ガガらセレブも支援を表明

そんな格差をなくすべく、いま「ONE」サイト内では、世界各地の女性に教育機関を提供するための署名を集めています。

署名はこちらからすることが可能。集まった署名は、3月8日の国際女性デーに指導者のもとへ届けられるとのこと。

署名している人のなかには、レディー・ガガをはじめとし、ナタリー・ポートマン、シャーリーズ・セロン、ブレイク・ライヴリー、ライアン・レイノルズなど、セレブたちの名前もあります。

普段は、エンターテイメントの世界で華やかな活躍を見せる彼らにとっても、これからの教育は関心のあるトピックのよう。

平等な権利のため、そしてなにより「学びたい」という子どもの思いのために、支援していくことを表明しています。

でも、それができるのは、決してセレブだけではありません。

インターネットで簡単に意志を表現できるいま、画面の前にいる誰もが支援者となり得るのです。

[ONE, V MAGAZIN]

写真/gettyimages 文/グリッティ編集部

こちらも読まれています

人間関係をしなやかにする。ちょうどいい人との「距離感」#sponsored

ビヨンセがテック界に進出。セレブは世界を変えるためにお金を使う

脳とろけそう「音」に注目の癒し動画 #sponsored

■ あわせて読みたい

インスタの子ども向け利用規約がわかりやすい。「読む気失せる」を払拭
ミシェル・オバマ、ファーストレディとして最後のスピーチ「あなたの居場所はある」
まだ気づいていない。あなたの秘められた色気 #深層心理
うつむきスマホで首にしわ…。「あいうえお」ですっきり横顔つくる
キラキラな自分になりたい。なんて期待するのやめます。 #ふたりごと
「◯◯し放題」。◯◯にいれるなら何やりたい?
インパクトはグッチで作る。春のロゴTシャツ #GUCCI

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。