体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MORGAUA QUARTET、キース・エマーソンに捧げるプログレ名曲群『トリビュートロジー』を発売

これまで『21世紀の精神正常者たち』(2011)や『原子心母の危機』(2014)をリリースし、キング・クリムゾン、エマーソン・レイク・アンド・パーマー(ELP)、ピンク・フロイド、イエス、ジェネシスなどのプログレ曲をカバーしてきたモルゴーア・クァルテットが、第3弾となるアルバム発売を発表した。
アルバム『トリビュートロジー』 (okmusic UP's)
日本を代表する弦楽四重奏団がプログレ往年の名曲に本気で取り組む、モルゴーア・クァルテット(荒井英治:第1ヴァイオリン、戸澤哲夫:第2ヴァイオリン、小野富士:ヴィオラ、藤森亮一:チェロ)。プログレに強い愛情を注ぐ、ヴァイオリニスト荒井英治に牽引され、プログレの弦楽四重奏カバーに取り組み注目を集めている彼らのニューアルバムは、2016年3月10日に急逝したELPの創設メンバー、キース・エマーソンと直接交流のあったメンバーにより、追悼の想いを込めて企画されたもの。

キース・エマーソンは生前このクァルテットのパフォーマンスに惜しみない賛辞を送り、交流を深めていた。実は2016年春にはエマーソンの来日コンサートが予定されており、そこでモルゴーア・クァルテットもゲスト参加をし、エマーソンのモルゴーアのための新編曲「After All of This」で共演する予定だった。

エマーソンの急逝直後、この「After All of This」をモルゴーア・クァルテットは急遽レコーディングし、エマーソンの葬儀でその音源が流されたという。今回のアルバムは、葬儀で流れたその音源を中心に、ELPの大作「タルカス」や「悪の経典」などELP、キース・エマーソンの楽曲ですべて構成。クァルテットがこの偉大なるシンセ神に思いを捧げる追悼盤として、逝去から1年後の3月8日にリリースされる。

ELPの名盤『トリロジー』を彷彿とさせる『トリビュートロジー』というタイトルとともに、プログレファンならば誰しもが見慣れている元ジャケットへのオマージュとして、クァルテットメンバー4名の顔が配されたジャケットも公開された。

■モルゴーア・クァルテットMORGAUA QUARTET

荒井英治(第1ヴォイオリン):日本センチュリー交響楽団首席客演コンサートマスター

戸澤哲夫(第2ヴォイオリン):東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団コンサートマスター

小野富士(ヴィオラ):NHK交響楽団ヴィオラ奏者

藤森亮一(チェロ):NHK交響楽団首席チェロ奏者

アルバム『トリビュートロジー』
2017年3月8日発売

<収録曲>

1. アフター・オール・オブ・ディス 

2. タルカス (タルカス)

3. スティル…ユー・ターン・ミー・オン (恐怖の頭脳改革) 

4. トリロジ- (トリロジー) 

5. ザ・シェリフ (トリロジー)

6. 悪の教典#9 第1印象パ-ト1 (恐怖の頭脳改革) *

7. 悪の教典#9 第1印象パ-ト2 (恐怖の頭脳改革)

8. 《悪の教典#9 第3印象》への間奏曲 〜《石をとれ》のインプロヴィゼーション

9. 悪の教典#9 第3印象 (恐怖の頭脳改革)

※( )はEL&Pのオリジナルアルバム名

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。