体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

出世する人は「評価されない」時こそ、成長のチャンスと考える

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、「ビジネスパーソンの仕事への向き合い方」についてお話しいただくこのコーナー。第5回の今回は、「仕事で思うように評価されないときに、心がけておきたいこと」についてです。f:id:k_kushida:20170111154432j:plain

こんにちは。俣野成敏です。

日々、仕事に向き合っていると、いろいろと悩みは尽きないものです。中でも、サラリーマンをしている方にとって、切実な悩みのひとつが「指示通りに仕事をやっているのに、思ったような評価を得られない」ということではないでしょうか。

なぜ、指示通りに仕事をやっているのに評価が下がるのでしょうか?考えられる要因のひとつに「すれ違い」があります。どういうことかというと、上司のほうでは「いったつもり」になっている状態であり、部下のほうでは「理解したつもりになっている」状態ということです。

自分自身だけで完結している場合でも勘違いしてしまうことがあるのに、ましてやお互い他人である以上「すれ違い」は避けられないことです。ですから「どちらが悪い」ということではなく、むしろそれを前提に行動したほうがいいでしょう。

「評価が下がる」のは、本来は「良いこと」

「すれ違い」については後述しますので、まずは評価が下がる理由から考えてみたいと思います。まず前提として、「評価が下がる」ことは、実はとても良い兆しなのです。そういうと、多くの方は驚くかもしれません。

評価が下がるということは、「相手の期待に応えられていない」ということになりますが、逆をいうと「それだけ相手から期待をされている」状態だと判断できます。ですから正確にいうと、評価が下がっているのではなく、あなたに対する上司の評価が上がった結果、採点基準も上がっているということなのです。

これは、新人の頃の自分と現在の自分を比較してみればわかりやすいのではないかと思います。ベテランになると給料が上がるのは、それだけ仕事ができるようになった結果です。同じように、上司の「新人に対する期待度」と「ベテランに対する期待度」も明らかに違いますから、当然、見方も変わっています。要するに、自らの立ち位置が上がっているため、たとえ同じことをしていたとしても、「元いた場所からの再スタートにはならない」ということなのです。

「期待値が上がる」ことを恐れるな

もしかすると、ここまでお読みいただいた方の中には、「勝手に期待しないで欲しい」「そんな高い期待をかけられても応えられない」と、期待を重荷に感じる人もいたかもしれません。しかし、それは自分の成長する機会を自ら放棄しているようなものです。

「今のままでいい」というのは、実は退化を意味します。会社の評価とは、そもそも同僚との相対評価で決まっています。ということは、自分は同じところにとどまっているつもりであっても、周りが成長している分だけ、結局は後退していることになります。仕事とは、基本的には「成長する」か「成長を止める」かのどちらかしかなく、「現状維持」という第3の選択肢はないのです。

ところで、「上司に期待されるのが良いこと」である理由のひとつに、「頼まれる仕事の質が変わる」ということがあります。それは、上司から「誰でもできる仕事」しか割り振ってもらえなかった状態から、「自分にしかできない仕事」を優先的に回してもらえる状態に変化するということです。

「いつも同じことの繰り返しで、サラリーマンはつまらない」と嘆く人は大勢います。しかし実際は、周囲の期待に応え続けていくことによって、仕事をステップアップさせることは可能です。これを続けていけば、サラリーマンであっても「他人にはできない仕事をする」、つまり「替えのきかない存在になる」ことができるのです。

成長し続ける存在になるための3つのステップとは?

f:id:k_kushida:20170111155509j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。