体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【先ヨミ】E-girlsの二面性を収めたAL『E.G. CRAZY』が現在トップ、稲葉浩志&スティーヴィー・サラスのコラボ作が2位に

【先ヨミ】E-girlsの二面性を収めたAL『E.G. CRAZY』が現在トップ、稲葉浩志&スティーヴィー・サラスのコラボ作が2位に

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから2017年1月16日~1月18日までの集計が明らかとなり、E-girlsの『E.G. CRAZY』が約6.1万枚の全国推定売上枚数でトップとなっている。
 
 『E.G. CRAZY』は、全24曲入りの2枚組のアルバムで、彼女たちの二面性をそれぞれのCDで表現をしている。また、2016年に25万人を動員したアリーナツアーのライブと、ドキュメントムービーを映像収録しているアルバム形態もあり、ボリュームのある作品となっている。約3.7万枚で現在2位は、B’zの稲葉浩志とスティーヴィー・サラスによるコラボレーションアルバム、INABA / SALAの『HUBBY GROOVE』。本作はミックスにデビット・ボウイなどを手掛けたティム・パルマーを迎えたワールドワイドな作品となっている。 
 
 3位は韓国のボーイズグループ2PMのメンバー、テギョンの日本で初となるソロ・アルバム『TAECYEON SPECIAL ~Winter 一人~』が約3.4万枚を売り上げて続いている。4位は、リリースから2週目の集計期間を迎えているONE OK ROCK『Ambitions』、5位にはゲームソフト『ペルソナ5』の『ペルソナ5 オリジナル・サウンドトラック』 が入った。週末にかけての売上によっては、まだまだ順位の変動もあり得る集計速報となっている。

◎SoundScan Japanアルバムセールス集計速報
(2017年1月16日~1月18日までの集計)
1位:『E.G. CRAZY』E-girls 61,127枚
2位:『HUBBY GROOVE』INABA / SALAS 37,321枚
3位:『TAECYEON SPECIAL ~Winter 一人~』TAECYEON (From 2PM) 34,043枚
4位:『Ambitions』ONE OK ROCK  21,642枚
5位:『ペルソナ5 オリジナル・サウンドトラック』 (ゲーム・ミュージック) 23,272枚

関連記事リンク(外部サイト)

B’z稲葉浩志&スティーヴィー・サラスによるINABA/SALAS×ポルシェのスペシャルムービー公開
テギョン(From 2PM)兵役前に都内でロケを敢行! AbemaTVの番組にてプライベート感満載な姿を大公開
【ビルボード】ONE OK ROCK、2年ぶり新作が総合AL完全制覇

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。