体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

野菜嫌いの子は無理に食べなくてもいい!?

野菜嫌いの子は無理に食べなくてもいい!?
J-WAVEで放送中の番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー「Cosme Kitchen ORGANIC CONCIERGE」。今週は、幸せ料理研究家で「幸也飯」代表の寺井幸也さんをお迎えしています。1月17日(火)のオンエアでは、野菜嫌いの子どもに野菜を食べさせる方法をお聞きしました。

寺井さんは「幸せを届けること」をコンセプトに、一流メゾンのパーティーや、展示会などでのケータリング、雑誌や書籍のフードコーディネートなど、さまざなな分野で活躍しています。さらに、「味覚カウンセラー」の資格も取得しています。

「味覚カウンセラーは、人間が食べ物を口にした時に、味覚がどのようにして脳に伝わるかとか、幼い子どもが、何歳までにどういうものを口に入れたら正しい味覚になるのか、といったことを勉強します」と、寺井さん。小さな頃から化学調味料を使用したものを口にしている子どもが多いため、正しい味覚が備わっていない子どもが増えているそうです。寺井さんの話を聞いた坂倉は、寺井さんに子どもの好き嫌いについて相談しました。

坂倉:6歳の子どもの好き嫌いが激しくて、特に野菜全般がだめ。野菜を細かくしても食べないんです。
寺井:子どもの味覚は大人の50倍くらい発達しているので、大人が感じている苦味よりもさらに強い苦味を感じていたり、野菜独特のエグ味を感じているので、細かくしてごまかすというよりは、優しい味の野菜で慣れさせる方が良いと思います。香りの強いパプリカやピーマンは食べられなくても、甘みの強い玉ねぎから食べさせて、「野菜っておいしいんだ」と教えてあげる方がいいです。食べることにストレスをかけない方が良いし、同じ栄養のもので補えばいいですから。
坂倉:なるほど!

さらに、3歳までは野菜は調味料を使わずに、素材そのものを食べた方が良いとのことでした。「子どもは、五感が研ぎ澄まされているんでしょうね」と坂倉。19日も寺井さんにお話を伺います。放送は14時15分頃からです。どうぞお楽しみに♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACOUSTIC COUNTY」
放送日時:月・火・水・木曜 14時―16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。