体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カニエ・ウェストに焦点をあてた大学コースが話題に

カニエ・ウェストに焦点をあてた大学コースが話題に

 米ミズーリ州のセントルイス・ワシントン大学で、カニエ・ウェストの世界に焦点をあてたコースが新たに設けられて話題になっている。

 地元紙のセントルイス・ポスト・ディスパッチによると、今週から始まった“Politics of Kanye West: Black Genius and Sonic Aesthetics(カニエ・ウェストの政略:黒人の天才と音の美学)”と題されたコースには75人の生徒が登録されており、受講するために順番を待っている生徒もいる。

 ラッパー、プロデューサー、そしてファッション・デザイナーでもあるカニエに焦点をあてたこのコースは、生徒たちに政治、人種、ジェンダー、セクシュアリティ、そして文化を取り巻く問題を結びつける方法を提示するものだと、教授のジェフリー・マッキューンは説明している。

 カニエを取り上げた大学の授業はこれが初めてではない。2015年にジョージア州立大学でも設けられており、2014年にはカニエとジェイ・Zに焦点をあてたコースがあった。

 マッキューン教授は、このコースではカニエの音楽をべた褒めしたりはせず、また彼をバッシングすることもないと話している。

関連記事リンク(外部サイト)

カニエ・ウェスト、新年の抱負を明かす
ジョン・レジェンド、トランプ次期大統領とカニエの会談を“売名行為”と一蹴
カニエ・ウェスト、トランプと会談した理由は? 2024年大統領選立候補に意欲か

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。