体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『1月19日はなんの日?』情熱迸るシャウトが武器、サザン・ソウルの大御所ウィルソン・ピケットの命日

『1月19日はなんの日?』情熱迸るシャウトが武器、サザン・ソウルの大御所ウィルソン・ピケットの命日

 1月19日はサザン・ソウルを代表するシンガー、ウィルソン・ピケットの命日。1942年3月18日、アメリカ・アラバマ州ピラットビル生まれのピケットは、1963年にソロ・シンガーとしてデビュー。1964年に名門アトランティック・レーベルに移籍すると、瞬く間に全米ビルボードR&Bチャート常連アーティストの1人となった。

 ピケットにとって最初のR&BチャートNo.1ヒットは、1965年「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」。以降、1966年には「634-5789」と「ダンス天国」の2曲が、1967年には「ファンキー・ブロードウェイ」と立て続けにNo.1に。これらの曲は総合チャートHOT100でも上位に食い込むヒットを記録し、一躍その名を全国区とした。情熱迸るシャウトが最大の武器であるピケットが歌った数々のヒット・ナンバーは、R&Bのスタンダード曲としてこれまでに多くのアーティストにカバーされており、また、若き日のデュアン・オールマンが参加したビートルズ「ヘイ・ジュード」(1967年)カバーも、ロックファンの間では名演とされている。アトランティックから離れた後も、いくつかのレーベルを渡り歩きながら90年代まで精力的に新作をリリースし続けたが、2006年1月19日、自宅近くのヴァージニア州の病院にて64歳でこの世を去っている。

関連記事リンク(外部サイト)

『1月18日はなんの日?』イーグルス、グレン・フライの死から1年
『1月17日はなんの日?』80年代にガールズ・バンド旋風を巻き起こしたバングルス、スザンナ・ホフスの誕生日
『1月16日はなんの日?』B級ホラー&SFの鬼才、ジョン・カーペンターの誕生日

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。