体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソフトバンク、YI Technology社の低価格アクションカムと監視カメラを国内発売

ソフトバンクは 1 月 19 日、Xiaomi にカメラデバイスを供給している中国のハイテク企業「YI Technology」のアクションカム「YI Action Camera」と監視カメラ「YI Home Camera」を 1 月 27 日に国内で発売すると発表しました。ソフトバンクは YI の国内販売代理店としてこれらを販売します。両製品ともスマートフォンと連動して撮影やモニタリングを行うことのできるスマートデバイスで、YI Action Camera は 12,800 円、YI Home Camera は 5,980 円とリーズナブルな価格で購入することができます。販売店舗は Amazon です。YI Action Camera」は 155 度の魚眼レンズを搭載し、1080p @ 60fps や 720 @ 120ps の動画、1,600 万画素の静止画を撮影できます。本体は Wi-Fi と Bluetooth を搭載しており、スマートフォンとのワイヤレス接続でリモート撮影や画像・動画の転送が可能となっています。YI Home Camera は 111 度の広角レンズを搭載しており、1,280 x 720 ピクセルのハイビジョン動画を撮影できる監視カメラで、本体には、マイク・スピーカーを利用した 2way オーディオ機能、人の動きを検知して写真を撮影するモーションセンサー、暗所撮影も可能な暗視機能を搭載しています。Source : ソフトバンク

■関連記事
LG、「G6」を2月26日に発表と告知、5.7インチ2,88×1,440 ディスプレイの採用を認める
米国のGoogleストアで「Pixel C」32GBモデルの販売が終了した模様
任天堂、Android版「ファイアーエムブレム ヒーローズ」を2月2日に配信、スーパーマリオランは3月リリース予定

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。