体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

米・男性ライターが実体験で語る。「人生に悩んでいるとき訪れたい国」5選

米・男性ライターが実体験で語る。「人生に悩んでいるとき訪れたい国」5選

「なんとなく当たり前の毎日を送っているけど、人生の次のステージへ進むためには何をすればいいのかわからない…」。そんな時期は誰にでもあります。そういう時こそ、異国の地でリフレッシュすると、今まで気づかなかった、自分のやりたいことが見えてくるかもしれません。

Elite Daily」の男性ライターMatt Priorさんは、彼自身が訪れた国の中から、オススメの国5つを紹介しています。

01.
タイ

米・男性ライターが実体験で語る。「人生に悩んでいるとき訪れたい国」5選

物価も安いし、とても過ごしやすい国。そして何と言っても、青い空、青い海に触れているととても気分が落ち着いてくる。タオ島やピーピー島などに行くとさらに自然を楽しめるから、アウトドア派にはオススメの旅行先だと思うよ。

食べ物もおいしいし、とくに乾季は星空が最高だ。雨季だって、滝や熱帯林を見に行ったり、地元の文化に触れたりして楽しむことができる。確かに蒸し暑いけれど、地元の人とのんびり過ごせていいところだよ。

02.
ウルグアイ

米・男性ライターが実体験で語る。「人生に悩んでいるとき訪れたい国」5選

最近南米で人気の旅行先といえば、ウルグアイ。南米と地元のガウチョ文化が融合したライフスタイルには、多くの人が興味をそそられるだろうね。かつてスペインの植民地だったから、ヨーロッパテイストの建物を見学するのも面白い。大西洋沿岸には素晴らしいビーチが広がっているし、年中いろんなフェスティバルが開かれているのも魅力的。

僕の一番のオススメは、カボ・ポロニオ島へ釣りに行くこと。自然と共に暮らしている地元の人の生活を体験できるし、運が良ければペンギンやアシカ、クジラが見られるチャンスもある。

03.
チェコ共和国

米・男性ライターが実体験で語る。「人生に悩んでいるとき訪れたい国」5選

この国は、一度でいいからぜひ訪れてほしい。国そのものが、まるでおとぎ話の世界のように美しいんだ。首都プラハは丸石で舗装された道と素晴らしい建築物で有名だし、思わず写真を撮る手が止まらなくなってしまうだろうね。安くておいしいビールがたくさん飲めて、モダンアートや歴史的な建物もたくさんあるから、まず飽きることがない。

チェコの良さは本当にここには書ききれないから、ぜひ自分の目で見て確かめてほしいんだ。一年中、いつ行っても満足のいく旅行になるはずだよ。

04.
ドイツ

米・男性ライターが実体験で語る。「人生に悩んでいるとき訪れたい国」5選

チェコからドイツへは、電車ですぐなんだ。移動の間も、ドイツの田舎町から都会まで様々な景色が楽しめる。ドイツは、エコツーリズムと環境に配慮したライフスタイルが印象に残っているよ。彼らが大切にしている雄大な自然は、いつ見ても圧巻。冬だったら、ジャーマン・アルプスをスキーで滑るのもいいかもね。

首都のベルリンは安全だし、比較的すぐに馴染める場所。他の街も見所はいっぱいあるんだけど、個人的にはミュンヘンのオクトーバーフェスが最高だね!

05.
インド

米・男性ライターが実体験で語る。「人生に悩んでいるとき訪れたい国」5選

未知なる体験をする準備ができているなら、まずインドへ行こう。この国では、様々な文化と、路面で繰り広げられるカオスな光景に目を見張ることになる。まさに富と貧困が隣り合わせにある、とても不思議で魅力的な国だ。

アロマの香りに包まれた街で、フレンドリーな人々に出会えるのも楽しい。食べ物はどれもすごくおいしいから、地元のレストランで食べてみることをオススメするよ。もちろんタージマハルは荘厳で美しいし、ガンジス川のスピリチュアルな雰囲気にも息を飲むだろうね。本場のヨガを体験して、内なる声に耳を傾けるのもいいと思うよ。Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

トラベルライターがおすすめ。小さいけど意外に役立つ「旅行のヒント」45選
知らないと後悔する、「デビットカード」を海外旅行に持って行くべき5つの理由
「星座」から分かる、あなたにピッタリの旅行先は?次に出かけるならココ!

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。