体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポカポカ毛布から、あったかマウスまで! 大寒波に負けない系USBガジェット

日本に大寒波が押し寄せ、北海道では氷点下29.2℃を記録するなど、列島中が寒さに凍えています。筆者はできるだけヒーターを使わずに過ごしているのですが、今年は特に寒さが厳しく、家の中でもキーボードを打っている手が冷たくなってきます。

そんな時、意外と役立つのが”USBあったかグッズ”。今回は、体や食べ物を暖か~くしてくれる、お手軽USBガジェットを取り揃えてみました。

家の中でも屋外でも使える便利なブランケット

男女問わず使えるブランケット。山善の「2WAY ブランケット」は、付属のUSB発熱シートをブランケットのポケットに入れて使えるタイプ。ボタン付きなので、ひざ掛けだけでなく、肩掛けとしても利用できます。

暖かさは、USB発熱なので低温やけどするほど熱くなるわけではなく、「ポカポカ」ぐらい。発熱シートが別についているため、ブランケット自体は洗濯もOK。さらに、スマホ用充電器を使えば外出先でもUSB発熱でポカポカ。野外でのコンサートや、冬場でのキャンプなどでも重宝します。1枚では寒いなと思ったら、このUSBブランケットの上に、普通のブランケットをかけるとさらに効果的。

色はクリーミーホワイトとカフェブラウンの2色。一家に1枚と言わず、1人に1枚欲しくなる便利アイテムです!

2WAY ブランケット

●メーカー/山善
●直販価格/2,980円

コンビニおにぎりもUSBで温める時代に!?

コンビニで買ったおにぎりや、家から持ってきたお弁当が冷たいとお嘆きの方に朗報! この、おにぎり専用ウォーマーを使えば、いつでもホカホカの握りたてみたいなおにぎりが食べられます。専用ウォーマーをUSBに接続し、30分温めればできあがり! ウォーマーに内蔵されたヒーターで最高60℃までに温められます。これなら、朝のうちに家で作ってきたおにぎりも、昼に会社でホカホカのまま食べられますよ!

USBあったかオニギリウォーマー

●メーカー/サンコー
●直販価格/1,280円

いつでもホットコーヒーの飲みごろをキープ!

いつもポカポカにしておきたいのは、おにぎりだけでなく、飲み物も一緒ですね。「USBインサートカップウォーマー」は、その名の通り、使い捨てのインサートカップ専用のウォーマー。オフィスでよく使われているコーヒーやお茶用のインサートカップを中に入れて、同梱のホルダーに置いておくだけで、いつも50~60℃の飲みごろを保ってくれるというアイデア商品です。

USBケーブルに接続されているスタンドが別についているので、飲む時は上のカップ部分を持つだけ。スタンドとカップはマグネット接続で、倒れにくくなっています。さらに、洗えるシリコンの蓋つきで、埃やゴミが入るのを防げます。

これだけでも工夫満載のガジェットなんですが、なんといってもカラフルなデザインがいい! 1つあると、机の上がパーっと明るくなりそう。コーヒー好きな方へのプレゼントにも良いかも。

USBインサートカップウォーマー

●メーカー/グリーンハウス
●直販価格/4,298円

冷たい足を守る最強のUSBスリッパ

冷え性の人は、特に手足の冷えが厳しいですね。筆者も、冬場になると家でもつま先が冷えてつらくなります。が、救世主が現れました! それがこの「USBほかほかスリッパ」です。

モコモコの肌触りの良いスリッパを、USB接続で15℃ほどに温めて、足元からくる寒さを解消してくれるので、オフィスでの長時間デスクワークにオススメ。机の下に暖房を置くスペースがなくても、これなら大丈夫です。ただし、スリッパにケーブルが付いているため、移動には向いていませんので、それだけはご注意を。

スリッパは汚れが気になりますが、この製品はカバーだけ取り外して洗うこともできるのもポイントが高いですね。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。