体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

語学学習アプリ「busuu」がUber登録ドライバー向けに英語学習プログラムを無償提供

語学学習アプリ「Busuu」と提携したUber英ロンドン発の語学学習アプリ「busuu」は、2008年の創設以来、英語、フランス語、日本語など12言語を網羅し、世界6,000万人以上に利用されている。

そして、このほど、「busuu」では、代表的なオンデマンド配車サービス「Uber」と提携し、Uberの登録ドライバーの語学スキル向上に一役買うこととなった。

・Uber登録ドライバー向けに独自の英語学習プログラムを無償で提供

Busuuのアプリ画面「busuu」は、英語を母国語としないロンドンのUber登録ドライバーを対象に、無償で英語学習プログラムを提供。

この学習プログラムは、Uberのために特別に作成されたもので、移動ルートの相談や乗客へのサービス対応など、ドライバーが乗客と交わす日常的な会話にフォーカスし、“話す、聴く、読む、書く”の練習を組み合わせた構成となっている。

Uberでは、登録ドライバーに語学スキル向上の機会を与え、これによって、乗客へのサービス向上につなげたい考えだ。

・日本でも、サービス業を中心に語学の習得が求められる時代へ

日本でも、2016年10月、同年1月からの累計が初めて2,000万人を突破。

サービス業、ホテル業、販売業を中心に、外国人観光客と接する機会は、ますます増えている。

「busuu」のように語学学習に強みを持つプロバイダーを効果的に活用することによって、従業員やスタッフの語学力向上をサポートし、ひいては、外国人観光客の顧客満足につなげることができそうだ。

busuu

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。