体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“うつ”にバイバイ!うつを抜け出すヒントが見つかる本

近年、密かに多くの人が悩む“うつ病”。治療には時間がかかり、完治は難しいといわれている病気の一つだが、うつから抜け出すヒントがコミックの中に見つかるかもしれない…。

パロディー漫画家・田中圭一氏によるコミック「うつヌケ ~うつトンネルを抜けた人たち~」が1月19日(木)に発売。同作は、「文芸カドカワ」および「note」にて連載され、大きな反響を呼んだ作品だ。

著者の自身のうつ病脱出体験をベースに、うつ病からの脱出に成功した人たちを取材。うつ病について実体験から知識を学べ、かつ悩みを分かち合い勇気づけられるドキュメンタリーコミックとなっている。ツイッターでも多くの共感のリツイートやいいね!があった、うつと気温差の関係についても収録。連載に一部描き下ろしを加えた単行本だ。

「うつヌケ ~うつトンネルを抜けた人たち~」(著者:田中圭一/発売:KADOKAWA)は1080円(税込)。電子書籍も同時発売。

すべての人に読んでもらいたい、奥の深いコミック。現代社会に働く人は必読かもしれない。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。