体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】星野源「恋」、ミスチルを抑え6週連続でJAPAN HOT100総合首位獲得

【ビルボード】星野源「恋」、ミスチルを抑え6週連続でJAPAN HOT100総合首位獲得

 年末年始の特番効果も薄れ、大きくチャートが今年のビッグ・ヒットを求めて動き出した今週のJAPAN HOT100。それでも星野源「恋」はまだまだ強かった。ポイントは徐々に下降気味とはいえ、ラジオ6位、シングル13位、ダウンロード1位、ルックアップ2位、Twitter2位、ストリーミング1位、動画再生1位の3冠となり、6週連続JAPAN HOT100総合首位でV9を獲得した。シングル・セールスで9万枚を超えたMr.Children「ヒカリノアトリエ」は、ラジオ1位、シングル1位、ルックアップ1位、Twitter11位とこちらも3冠で、「恋」に迫るかと思われたが、ダウンロード未解禁が響き、総合2位に留まった。

 ダウンロード1位の「恋」をあと一歩で逆転できるかと思われたのが宇多田ヒカル「光」。PUNPEEリミックスにより新たに注目を集め、配信リリース後急伸、Twitterでも9位まで順位を上げており、こちらもしばらくチャートを賑わせそうだ。「恋」を抜いてTwitter1位となったのはONE OK ROCK「We are」。ニュー・アルバム『Ambitions』はフィジカルとデジタル双方でダントツの1位となったが、「We are」単体でもダウンロード7位、ラジオ2位、Twitter1位、動画再生5位をマークしており、こちらも今後のチャートを賑わせる存在となるのは確実だ。

◎【JAPAN HOT100】トップ20
1位「恋」星野源
2位「ヒカリノアトリエ」Mr.Children
3位「モノクロ」Flower
4位「We are」ONE OK ROCK
5位「光」宇多田ヒカル
6位「疾走ペンデュラム」M!LK
7位「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」ピコ太郎
8位「サイレントマジョリティー」欅坂46
9位「前前前世」RADWIMPS
10位「STAY TUNE」Suchmos
11位「道しるべ」舞祭組
12位「二人セゾン」欅坂46
13位「サヨナラの意味」乃木坂46
14位「ハッピーエンド」back number
15位「We Don’t Need To Talk Anymore」w-inds.
16位「YAKIMOCHI」バンドじゃないもん!
17位「カラフル」Flower
18位「SNOW SOUND」[Alexandros]
19位「A.G.I.T.」Suchmos
20位「YATTA!」バンドじゃないもん!

関連記事リンク(外部サイト)

1月23日付 Billboard Japan HOT 100
星野源「恋」驚異のV8、セカオワWハッピー、リトグリ初武道館に涙:今週の邦楽まとめニュース
宇多田ヒカル/星野源/RADWIMPSら登場『SONGS「紅白スペシャル」』貴重な映像も交えて放送

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。