体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まさにこれまでの集大成! ザ・チェインスモーカーズの新曲「パリ」(Song Review)

まさにこれまでの集大成! ザ・チェインスモーカーズの新曲「パリ」(Song Review)

 「ドント・レット・ミー・ダウン feat.デイヤ」(8位)、「クローサー feat.ホールジー」(10位)の2曲が、2016年の年間チャートTOP10にランクインする大ヒットを記録した、ザ・チェインスモーカーズ。両曲が収録されたEP盤『コラージュ』(2016年11月4日発売)は、全米アルバム・チャート6位、ダンス・チャートでは初のNo.1デビューを果たし、フィービー・ライアンをゲストに迎えた最新シングル「オール・ウィー・ノウ」も、主要各国でTOP10入りするヒットを記録している。

 2017年2月13日に開催予定の【第59回グラミー賞】では、<最優秀新人賞>にノミネートされている、ザ・チェインスモーカーズ。グラミー初受賞が期待される中、彼らの2017年第一弾シングル「パリ」が、1月13日にリリースされ、前日12日に公開されたリリック・ビデオが、公開5日間で2000万再生回数を記録していて、ツイッターやインスタグラムなどのSNSでも、高い評価を受けている。

 「パリ」は、12週のNo.1をマークした大ヒット曲「クローサー」に通ずる、メロウな感覚を取り入れた、ザ・チェインスモーカーズらしいエレポップで、フィーチャリング・ゲストとしてクレジットされていないが、サビで「ショウ・ゼム・ウィー・アー」を連呼する女性ヴォーカルは、ニューヨーク出身の24歳、シンガーソングライターのエミリー・ワーレンだ。2015年には、ザ・チェインスモーカーズ&トライトーノル名義でリリースしたシングル「アンティル・ユー・ワー・ゴーン」に、ゲスト・シンガーとして参加している。

 2014年にリリースした、彼らのブレイク曲「#セルフィー」と比べると、曲調も雰囲気も大きく変化を遂げていて、フロア向けというよりは、部屋や車内でまったり聴きたいようなナンバーを、ここ最近はヒットさせているが、新曲「パリ」は、「ローゼス」(2015年)や「クローサー」(2016年)などの要素を取り入れつつ、これまでの集大成とも言える仕上がりになっている。2017年も、ザ・チェインスモーカーズの躍進は止まらない。

Text: 本家 一成

◎「パリ」リリック・ビデオ
https://youtu.be/RhU9MZ98jxo

◎リリース情報
「パリ」
ザ・チェインスモーカーズ
2017/1/13 RELEASE
デジタル配信
https://goo.gl/twhZvU

関連記事リンク(外部サイト)

ザ・チェインスモーカーズ、2017年第一弾シングル「パリ」を公開
ザ・チェインスモーカーズ 最新EP『コラージュ』収録曲2曲のビデオ公開
【米ビルボード・ソング・チャート】ザ・チェインスモーカーズが2016年首位最長記録をさらに更新、ドレイク新曲がTOP10に初エントリー

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。