体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】エド・シーラン、待望の新曲が洋楽チャート初登場1位に

【ビルボード】エド・シーラン、待望の新曲が洋楽チャート初登場1位に

 11週目にわたりBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”の首位をマークしていたブルーノ・マーズの「24K・マジック」を下し、エド・シーランの新曲「シェイプ・オブ・ユー」が初登場1位となった。

 2位に300ポイント近く差をつけ、初の首位を記録した「シェイプ・オブ・ユー」は、エド・シーランの約3年ぶりのニュー・アルバム『÷(ディバイド)』収録のナンバーで、2017年1月6日に世界同時公開された。デジタル・セールスでは洋楽勢断トツの1位、その他指標でも順調に推移しており、ラジオでのエアプレイがさらに過熱し、ミュージック・ビデオが公開されれば、今後も上位にずっとランクインし続けるだろう。「シェイプ・オブ・ユー」は、エドにとって初となる米ビルボード・ソング・チャート1位を獲得、本国UKでは2週目も首位をキープすることが濃厚だ。また同時に公開された「キャッスル・オン・ザ・ヒル」は初登場5位をマークしている。

 先週8位のジェイムス・アーサー「セイ・ユー・ウォント・レット・ゴー~最愛の君へ」は、大量のエアプレイ・ポイントを積み上げ、3位へランクアップ。一気に4位へランクダウンしてしまったブルーノ・マーズの「24K・マジック」だが、今週プロモーション来日を果たし、大型のメディア露出が多数あるため、来週TOP3に返り咲く可能性は大いにあり得るだろう。

◎【Hot Overseas】トップ10
1位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン
2位「クローサー feat.ホールジー」ザ・チェインスモーカーズ
3位「セイ・ユー・ウォント・レット・ゴー~最愛の君へ」ジェイムス・アーサー
4位「24K・マジック」ブルーノ・マーズ
5位「キャッスル・オン・ザ・ヒル」エド・シーラン
6位「オン・ホールド」ザ・エックス・エックス
7位「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」マーク・ロンソン
8位「アイ・フィール・イット・カミング feat.ダフト・パンク」ザ・ウィークエンド
9位「ライフ・イズ・クール」スウィートボックス
10位「ロッカバイ feat.ショーン・ポール&アン・マリー」クリーン・バンディット

関連記事リンク(外部サイト)

1月23日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
【米ビルボード・ソング・チャート】エド・シーランが自身初の1位を記録、2曲同時にTOP10初登場のチャート史上初快挙
エド・シーラン、VIPパーティーに潜入するためアノ人気アーティストを名乗る!?

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。