体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「2017年本屋大賞」ノミネート10作品が決定 村田沙耶香『コンビニ人間』など

「2017年本屋大賞」ノミネート10作品が決定 村田沙耶香『コンビニ人間』など

 全国の書店員が最も売りたい作品を選ぶ「2017年本屋大賞」のノミネート作品が、1月18日(水)、「本屋大賞」公式サイト上で発表となりました。

 今年で早くも14回目を迎えた「本屋大賞」は、一般の文学賞とは異なり、オンラインを含む、新刊書を扱う書店で働く書店員が「面白かった」、「お客様にも薦めたい」、「自分の店で売りたい」と思った本を選び、投票する文学賞です。昨年は、宮下奈都さんの『羊と鋼の森』が、芥川賞を受賞した又吉直樹さんの『火花』を抑えて受賞したことが話題となりました。

 一次投票の結果、ノミネート作品として選ばれた上位10作品は、下記の通り。

■2017年本屋大賞ノミネート(作品五十音順)
『i』西加奈子/ポプラ社
『暗幕のゲルニカ』原田マハ/新潮社
『桜風堂ものがたり』村山早紀/PHP研究所
『コーヒーが冷めないうちに』川口俊和/サンマーク出版
『コンビニ人間』村田沙耶香/文藝春秋
『ツバキ文具店』小川糸/幻冬舎
『罪の声』塩田武士/講談社
『みかづき』森絵都/集英社
『蜜蜂と遠雷』恩田陸/幻冬舎
『夜行』森見登美彦/小学館

 ちなみに本屋大賞を受賞した作品は、2004年の第1回目で大賞を受賞した小川洋子さんの『博士の愛した数式』をはじめ、第3回目(2006年)のリリー・フランキーさんの『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』、第13回目(2016年)の宮下奈都さんの『羊と鋼の森』など、全作品がベストセラーとなっています。また、第1回~第10回までの受賞作品は、すべて映画化もしくはドラマ化されており、今後も大賞作品には映像化への期待もかけられそうです。

 大賞を選出する2次投票は、1次投票を行った書店のみが参加可能。大賞は、4月11日(火)に発表予定です。「全国書店員が選んだいちばん! 売りたい本」をキャッチコピーとする「本屋大賞」、今年はどんな作品が大賞に選ばれるのでしょうか。

■本屋大賞 公式サイト
http://www.hontai.or.jp

■関連記事
芥川賞作家・津村記久子さんが考える最も手厳しい罵倒の言葉
直木賞作家・西加奈子の新刊『i(アイ)』が投げかけるひとすじの光
直木賞は「頼りなくてだらしない」? 自称”直木賞オタク”が捧げる『直木賞物語』

BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。