体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

老舗PCパーツメーカーのAOpenが企業向けChrome OSデバイス「Chromebase Mini」「Chromebox Mini」を発表

台湾の老舗 PC パーツメーカー AOpen は 1 月 17 日、企業における業務利用をターゲットにした Chrome OS デバイス「Chromebox Mini」と「Chromebase Mini」を発表しました。Chromebase Mini は 10.1 インチのタッチパネルを搭載した液晶一体型製品で、Chromebox Mini はファンレスで排気口を持たない小型 PC になります。両モデルは、企業が Chrome OS デバイスを業務用に利用する用途に向けて開発されており、24 時間の連続稼働に耐える設計となっています。Chromebase Mini はコールセンターなどのオフィス利用、Chromebox Mini はデジタルサイネージや IoT 機器、キオスク端末用 PC に適していると言われています。Chromebase Mini10.1 インチ 1,280 x 800 ピクセル、250nits AHVA パネル、10 点マルチタッチCortex-A17 1.8GHz クアッドコア4GB LPDDR3 RAM、16GB eMMC 5.0フル HD Web カム(200 万画素)デュアルマイク、ステレオスピーカー、Wi-Fi b/g/n/ac、Bluetooth v4.0Chromebox MiniCortex-A17 1.8GHz クアッドコア4GB LPDDR3 RAM、16GB eMMC 5.0Wi-Fi b/g/n/ac、Bluetooth v4.0Source : AOPEN

■関連記事
Sony Mobile G3221はXperia初の4GB RAM端末になるか?
「HTC U Ultra」の実機レポート(写真多数あり)
Nokiaフラッグシップ “Nokia P1” の噂、IGZO液晶やSnapdragon 835を搭載か?

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。