体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“CES 2017”登場のスマートロードバイクは各種センサー&Android OS搭載!衝撃緩和システムで快適走行

SpeedXUnicorn国際的家電・テクノロジーの見本市“CES 2017”で公開された、「SpeedX Unicorn」というスマートロードバイクを紹介しよう。

・各種センサー内蔵のパワーメーター、走行データを集積

GPSをはじめとする各種センサーによって、走行中のさまざまなデータを集め分析するパワーメーターを内蔵し、衝撃を吸収する快適な乗り心地を実現した自転車である。

・衝撃を吸収する独自システムとパワフルなブレーキ

“Vibration Control System(VCS)”によって、路面のこぶによる衝撃を吸収し、振動を緩和するため、乗り心地の良さと、自転車の操作性やスピードの向上が見込める。石畳、ボコボコした路面、ラフな路面でも安定した走行ができる。

SpeedXUnicorn2自転車本体はカーボンファイバー製で、とても軽量で丈夫なのが特徴。パワフルな油圧ブレーキのおかげで、どんな天候や路面でも、安心の走行が可能だ。

「SpeedX Unicorn」のパワーメーター内にはいろいろなセンサーを搭載。スピード&リズム、時間、標高、天気(気温)、GPS、走行距離、燃焼カロリーなどじつにさまざま。

1度のチャージでおよそ400時間の連続使用が可能で、これは約8000キロメートル分に相当する。

・取り外し可能なタッチスクリーンコンピューター

このセンサー部分の先に、取り外し可能な2.2インチのタッチスクリーンコンピューター“SpeedForce”を取り付け可能だ。Androidで動作するスクリーンは、太陽光下でも画面がクリアに見えるよう配慮。バッテリーは20時間以上もつという。

・専用アプリへ随時データ送信

SpeedXUnicorn3Bluetooth、Wi-Fiを通じて、専用のスマートフォンアプリと連動するようになっており、随時取得されたデータを自動でアプリへ送信する。これまでの履歴が一目瞭然だ。

現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募集中で、目標金額5万ドル(約565万円)の2倍近い資金を集めている。興味のある方はアクセスを。

SpeedX Unicorn

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。