体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【米ビルボード・アルバム・チャート】ザ・ウィークエンドが首位キープ、『ラ・ラ・ランド』サントラが2位に急上昇

【米ビルボード・アルバム・チャート】ザ・ウィークエンドが首位キープ、『ラ・ラ・ランド』サントラが2位に急上昇

 ザ・ウィークエンドの新作『スターボーイ』が、通算3週目の首位獲得を果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 2016年11月25日に発売された『スターボーイ』は、翌週のアルバム・チャートでNo.1デビューを果たし、一旦ランクダウンしたが、先週、再び首位に返り咲き、2週連続のNo.1を死守した。ただ、週間セールスは6万枚程度で、売上としては決して良い数字とは言えない。

 今週は、2017年1月8日に開催された【第74回ゴールデン・グローブ賞】の影響がチャートに反映していて、最多受賞した『ラ・ラ・ランド』のサントラ盤は、先週の15位から2位へ浮上し、最高位を更新した。本作は、1月10日に発表された【英国アカデミー賞 2017】でも、最多11部門にノミネートされ、注目を集めた。また、1月24日にノミネート作品が発表される【第89回アカデミー賞】でも、有力候補作品として挙げられていて、今後、さらに売上が伸びることが予想される。

 3位にランクインしている、ディズニー最新映画『モアナと伝説の海』も、【英国アカデミー賞 2017】の<アニメーション映画賞>にノミネートされていて、どちらの作品も、春先まではロングヒットを記録するだろう。『モアナと伝説の海』は、3月10日に日本公開が予定されていて、今後、日本でのヒットも期待できそうだ。

 4位には、現在来日中のR&Bシンガー、ブルーノ・マーズの『24K・マジック』がランクイン。これまでリリースされた前2作からの先行シングルは、どちらも首位をマークしているが、「24K・マジック」のNo.1獲得は、難しいかもしれない。アルバムからの2ndシングルは確定していないが、間もなくリリースされるのではないかと、ファンの間で予想されていて、2曲目のシングルで首位獲得を狙う。ブルーノ・マーズは、マーク・ロンソンとタッグを組んだ「アップタウン・ファンク」(2014年)が、2015年の年間チャートNo.1を獲得する大ヒットを記録していて、この曲は、年末からホンダの新CM曲として起用され、日本でもヘビーローテーションされている。

 8位に初登場したのは、マサチューセッツ州出身のロック・バンド、ドロップキック・マーフィーズの新作『イレブン・ショート・ストーリーズ・オブ・ペイン・アンド・グローリー』。前作『サイン・アンド・シールド・イン・ブラッド』から4年ぶり、通算9作目となるスタジオ・アルバムで、これまでリリースしたアルバムの中でも、2番目に高い順位でのデビューとなった(最高位は7thアルバム『ゴーイング・アウト・イン・スタイル』の6位)。

 今週の米ビルボード・ソング・チャートでは、1月6日に2曲同時リリースした、エド・シーランの新曲「キャッスル・オン・ザ・ヒル」が6位に、そして「シェイプ・オブ・ユー」が初登場1位に輝いた。その影響を受け、2014年6月にリリースした2ndアルバム『x(マルティプライ)』が、先週の71位から26位へ、大きくランクアップし、2011年9月リリースのデビュー・アルバム『+(プラス)』も、今週67位にリ・エントリーを果たしている。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、18日22時以降予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『スターボーイ』ザ・ウィークエンド
2位『ラ・ラ・ランド』サウンドトラック
3位『モアナと伝説の海』サウンドトラック
4位『24K・カラット』ブルーノ・マーズ
5位『4・ユア・アイズ・オンリー』J.コール
6位『ハミルトン』サウンドトラック
7位『ヴューズ』ドレイク
8位『イレブン・ショート・ストーリーズ・オブ・ペイン・アンド・グローリー』ドロップキック・マーフィーズ
9位『ストーニー』ポスト・マローン
10位『トラヴェラー』クリス・ステイプルトン

関連記事リンク(外部サイト)

1月28日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
1月28日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
ザ・ウィークエンド、イメチェンやモテ男としての心境を語る

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。