体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【米ビルボード・ソング・チャート】エド・シーランが自身初の1位を記録、2曲同時にTOP10初登場のチャート史上初快挙

【米ビルボード・ソング・チャート】エド・シーランが自身初の1位を記録、2曲同時にTOP10初登場のチャート史上初快挙

 エド・シーランの新曲、「シェイプ・オブ・ユー」が、No.1デビューを果たした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 2017年1月6日に、新曲を2曲同時リリースした、イギリス出身のシンガーソングライター、エド・シーラン。その内の1曲、「シェイプ・オブ・ユー」は首位に、そして「キャッスル・オン・ザ・ヒル」が6位に、それぞれ初登場し、2曲同時のTOP10入りを果たした。Hot100史上、同ア―ティストによる初登場曲が、2曲同時にTOP10入りするのは初めてのことで、エド・シーランにとっても、シングル曲がNo.1を獲得するのは初の快挙となる。

 2曲の新曲は、デジタル・セールス、ラジオ・エアプレイ、そしてストリーミングの主要ポイント全て好調で、iTunesチャートでは主要国全てで1位を獲得し、ストリーミング配信サービス、スポティファイでは、公開されてから24時間で計1300万の再生回数を記録、上位1、2位を独占した。1月5日に公開されたリリック・ビデオは、「キャッスル・オン・ザ・ヒル」が4300万回、「シェイプ・オブ・ユー」は6200万視聴回数を突破していて、「シェイプ・オブ・ユー」は今週中には1億回を突破する勢いをみせている。2曲が収録される予定の、エド・シーランの3rdアルバム『÷(ディバイド)』は、3月3日にリリースされる予定。

 12月にリリースされ、翌週のソング・チャートで初登場6位にデビューした、テイラー・スウィフトとゼインによるデュエット曲「アイ・ドント・ワナ・リヴ・フォーエヴァー」は、一旦TOP10圏外へダウンしたが、今週、12位まで浮上していて、次週以降は返り咲きのTOP10入りを果たすことが予想される。

 テイラー・スウィフトが、1月12日に自身のインスタグラムで、現在撮影中のミュージック・ビデオのワンシーンを公開し、大きな話題となった。間もなく公開されるであろう、同ビデオのストリーミング・ポイントが一気に伸びれば、首位獲得も期待できる。この曲が起用されている映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』は、2月10日に公開予定で、同サウンドトラック盤も、映画公開日の2月10日に発売される。

 アデルの新曲「ウォーター・アンダー・ザ・ブリッジ」は、徐々にポイントを伸ばし、今週は33位まで上昇している。2月13日に開催される【第59回グラミー賞】では、主要部門を総なめするのではないか、と予想している音楽評論家も多く、アワードでこの曲がパフォーマンスされれば、上位ランクインは間違いないだろう。<最優秀アルバム賞>にノミネートされているアルバム『25』からは、「ハロー」(1位)、「センド・マイ・ラヴ(トゥ・ユア・ニュー・ラヴァー)」(5位)が、これまでにTOP10入りを果たしている。

 宇多田ヒカルの「光 –Ray Of Hope MIX–」が、全米のiTunesチャートで、最高位となる2位にランクインしたことが話題を呼んだが、今週のTOP100位内にはランクインしなかった。次週は、2016年に大ブレイクを果たした、ザ・チェインスモーカーズの新曲「パリ」が上位にデビューすることが予想される。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、18日22時以降予定となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン
2位「バッド・アンド・ブージー」ミーゴズ feat.リル・ウージー・ヴァート
3位「ブラック・ビートルズ」レイ・シュリマー feat.グッチ・メイン
4位「スターボーイ」ザ・ウィークエンド feat.ダフト・パンク
5位「クローサー」ザ・チェインスモーカーズ feat.ホールジー
6位「キャッスル・オン・ザ・ヒル」エド・シーラン
7位「24K・マジック」ブルーノ・マーズ
8位「ドント・ワナ・ノウ」マルーン5 feat.ケンドリック・ラマー
9位「サイド・トゥ・サイド」アリアナ・グランデ feat.ニッキー・ミナージュ
10位「バッド・シングス」カミラ・カベロ&マシン・ガン・ケリー

関連記事リンク(外部サイト)

1月28日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
1月28日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
様々なアーティストに楽曲提供しているエド・シーラン、自分でキープしたかった曲とは……?

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。