体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

四季を感じる温暖な港町、ナポリの天気・服装情報とおすすめスポットまとめ

四季を感じる温暖な港町、ナポリの天気・服装情報とおすすめスポットまとめ

Photo credit: Michele Landi via flickr cc

こんにちは。Compathy Magazineライターの斎藤ゆかです。南イタリアの玄関口ナポリは、温暖な気候や美しい風景が多いことから観光都市として知られています。街中には世界遺産に登録されたナポリ歴史地区が存在し、伝統音楽や歴史ある祭典などのイベントも開催されることから、季節を問わずたくさんの観光客がこの地に足を運びます。

日本と同じく四季があるナポリ。比較的温暖とは言え、やはり気になるのは現地の天気ではないでしょうか。そこで今回は、ナポリを旅する方々に向けておすすめの旅行シーズンや気候の特徴、服装のポイントなどをご紹介します。この記事を参考に、現地の天気を事前にチェックして快適な旅を楽しんでくださいね。

イタリア主要都市の気候情報まとめ

世界中から多くの人を惹きつけてやまない人気の観光地イタリア。日本からも毎年多くの人が訪れます。今年はミラノ万博やヴェネツィアビエンナーレの開催もあり、注目されていますよね。そこで「イタリアの気候と主要6都市の気温・降雨量・天気予報」では、イタリア旅行を計画している方に役立つ気候情報のまとめをご紹介します。

ナポリとは? 基本情報と天気について

ローマ、ミラノに次ぐイタリア第3の都市ナポリ。古くから港町として栄えたナポリは、穏やかな気候や海に面した風景も美しいことから観光都市 として知られています。また港からは1時間ほどでカプリ島にある「青の洞窟(Grotta Azzurra)」に足を伸ばすことができるため新婚旅行に訪れる方が多いスポットとしても有名です。

ナポリの国土は日本と同じように南北に細長く、スタジョーニ(stagioni)と呼ばれる四季があります。そして湿度は高いものの温暖で過ごしやすい冬と、乾燥して暑い夏を特徴とする地中海性気候が南イタリア、ナポリの特徴ともいえます。夏場の最高気温は東京とよく似ていますが、例年最低気温は東京よりも5°Cほど低めなので、比較的過ごしやすい気候の中で旅を楽しめることでしょう。

太陽の光が降り注ぐナポリへのアクセスですが、日本からは直行便が運航していないためローマかミラノで乗り換えする必要があります。

・日本からローマ乗り継ぎ:成田→ローマ(12時間45分)、ローマ→ナポリ(50分)
・日本からミラノ乗り継ぎ:成田→ミラノ(12時間30分)、ミラノ→ナポリ(1時間15分)

ミラノやローマへの直行便は、イタリアの航空会社である「アリタリア航空」の一社しか運航していません。もしスムーズなアクセスを希望されるようならイタリアに直行できるアリタリア航空は最適な選択かもしれませんが、アジアの航空会社を活用すればヨーロッパのエアラインよりも2~3割安く行くことができ旅行コストを抑えられます。

いずれにしても乗り継ぎが必要ですが「大韓航空」や「アシアナ航空」「中国国際航空」は、比較的少ない所要時間(約15~18時間)で行けるので特におすすめです。

イタリア旅行というとローマ、ミラノ、フィレンツェ、ヴェネチア、ナポリの5都市を縦断するツアーも人気が高く、各旅行会社から色々なプランが出ています。ツアーならば旅行中のアクセスも便利なうえ、短期間で多くの名所を巡ることもできるので、初めてイタリアを旅する方にとっては安心かもしれませんね。

今日・明日の天気は? ナポリの10日間の天気予報・気温・降水確率

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。