体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

老人ホームがX JAPANの「紅」で盛りあがる=奏者は4歳の天才ドラマー

老人ホームがX JAPANの「紅」で盛りあがる=奏者は4歳の天才ドラマー

 世界で活躍する天才奏者たちは、その才能が早熟であることが多いようですが、日本でも将来があまりに楽しみな若きドラマーが注目されています。

 多くの聴き手に感動を与えているのは現在4歳のとらたろうさん。
老人ホームの慰問で披露したX JAPANの『紅』ドラム演奏があまりに素晴らしく、お父さんがネットにアップした動画投稿には1万2千以上も「いいね!」がつき、あちこちから「すごすぎる」「え、4歳!?」などと絶賛されています。また、お父さんの話によると老人ホームでの紅は意外にも盛りあがったそうです。

【関連:こちらは父と娘のお話→娘のために父が作り続けたお弁当】

 小さい体とは思えないほどの堂々とした演奏の後、おねだりしたのは何とイヤーモニター(※イヤーモニターとは音響を確認するためのヘッドフォンの一種)だそうで、間違いなく只者でない雰囲気を醸し出しているじゃないですか!!

 というわけで、今回はそんな旬の人物であるとらたろうさんについて、お父さんから詳しい話を聞いてみました。

■「神楽」が目覚めのきっかけに

 とらたろうさんはプロの演奏者を両親に持つ広島県広島市在住の2012年生まれ。現在は広島市内の安田幼稚園に通っているそうです。

 音楽に目覚めたのは2歳のとき。中国地方で盛んな舞楽である「神楽」を見に行ったことがきっかけで、奏楽の和太鼓に興味を示し、その後リズム打ちを真似はじめたんだとか。

 3歳になるとお父さんが主催する室内楽団からお下がりの小型ドラムをもらい受け、毎晩毎晩お父さんにセッションをおねだりし、親子でドラム&ピアノのセッションをする日々に。しかしながらプロのトロンボーン奏者であるお父さんはドラムについて教える技術は持ち合わせていなかったため、とらたろうさんは「耳で聴き、感覚的に真似る」という独学で技術を磨いていったんだそうです。
お父さんとのセッション

お父さんとのセッション

 お父さんとのセッションも徐々に本格的になり、2016年4月にはドラムとトロンボーンによる親子バンド・楽隊龍虎を結成。老人ホームへの慰問演奏を始めます。
初めて自分のシンバルを購入し開封した直後の写真

初めて自分のシンバルを購入し開封した直後の写真

■しかしスランプに……

 しかし2016年、とらたろうさんはスランプに陥ります。それまでは毎日のようにお父さんにセッションをねだっていたところ「ドラムあきた!」と宣言。しかし紆余曲折へてスランプを脱出。これがきっかけとなって「遊び」から「本気の練習」へとステップアップしていったのだそうです。楽隊龍虎のライブでは成功体験を積み重ねていき、ドラムの楽しさと実感も得るようになったと言います。

 同年12月にはYouTubeで公開されている「壬生の乱」の模範演奏動画でも有名な“手数王”こと菅沼孝三さんと川口千里さんが主催するドラムレッスン・マスタークラスを受講。これをきっかけに2017年1月からは菅沼さんに師事し大阪まで新幹線でレッスンを受けに通っているそうです。
4歳の誕生日プレゼントは予てから彼が欲しがっていたウィンドチャイム

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。