体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

防犯対策には侵入路に設置するアラームが効果的

防犯対策には侵入路に設置するアラームが効果的

泥棒やストーカーは、意外と神経質。ホームセンターで売られている大音量のアラームや、派手に光る警告灯で侵入者を寄せ付けない防犯対策をしましょう。赤外線センサーを使ったものから、衝撃と磁気で窓の開閉を検知するものまで多種多様。防犯対策は1つあるだけでも安眠できます。

侵入者を感知する防犯対策アイテム

リーベックスの「ワイヤレス人感チャイム」は、人感センサー送信機と受信チャイムの防犯対策アイテム。侵入者を感知すると、315MHz帯を使って離れた場所にある受信チャイムを鳴らす仕組みです。

人間センサーは実験では6mで作動。送信時にセンサー本体がボーっと赤く光るので、稼働状況が一目瞭然です。侵入者もドキっとするでしょう。受信チャイムまでの送信可能距離は屋外で最大50mとなっています。

センサー送信機の電源は単4形乾電池×3本で、サイズは59W×80H×46Dmmで重さ101gです。受信チャイムのチャイム音は3種類(50~75dB)で、電源は単3形乾電池×3本。サイズは66W×96H×33Dmmで重さ133g。実勢価格は2,480円です。

窓の異変を感知する防犯対策アラーム

ELPAの「衝撃開放検知薄型スリムアラーム」は、窓ガラスの衝撃と開放という異変をダブル検知する防犯対策アラーム。わずか8mmという薄さで、90dB以上の大音量を発生します。

開放検知は磁気式で、マグネットから2cm程度離れると鳴る仕組み。警戒中・解除がひと目で分かる設計がうれしいところです。寝苦しい夏に少し窓を開けて寝たい時に役立つかもしれません。

なお、衝撃検知は設置側のガラスのみです。この防犯対策アイテムの電源はリチウム電池CR2032×1個で、音量は約90dB。サイズは33W×93H×8Dmmで、重さは約29g。実勢価格は1,680円となっています。

関連記事リンク(外部サイト)

防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
監視カメラはアプリをスマホに入れるだけでOK
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
空き巣の手口「焼き破り」15秒でガラスが割れた

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。