体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『君の名は。』英語版主題歌「Zenzenzense(English ver.)」がリリース決定&MV解禁

『君の名は。』英語版主題歌「Zenzenzense(English ver.)」がリリース決定&MV解禁

 映画『君の名は。』の北米公開にともないRADWIMPSによる主題歌の英語版が書き下ろされ、「Zenzenzense (English ver.)」がRADWIMPSオフィシャルYouTubeで公開された。

 2016年に公開して以降、144日間で観客動員1793万人、興行収入232億円(2016年8月26日~2017年1月16日)を突破した映画『君の名は。』。日本国内のみならず、既に世界125の国と地域での配給が決定しており、4月7日より全米、カナダの劇場で公開されることが決定した。公開規模は200スクリーン以上で、現地配給の担当者も「将来にわたり長く語り継がれる作品となるでしょう」と意気込みを語っている。

 さらに、一部劇場では英語歌唱の主題歌入りで上映する事が決定。英語主題歌は「Zenzenzense(English ver.)」含む全4曲。映画『君の名は。』は主人公・瀧とヒロイン・三葉の恋の物語とRADWIMPSが奏でる主題歌が濃密にリンクする作品につき、英語圏で本編を鑑賞する方々へも、映画と音楽が深く絡み合う『君の名は。』の世界を最大限に楽しんでもらいたいという想いから、ボーカル・野田洋次郎が原曲のメロディに合わせて日本語詞を元に新たに英語詞を書き下ろした。新海誠監督は「RADWIMPSにとって、メロディと歌詞は切り離せないもののはずです。にもかかわらず、英語圏の観客のために素晴らしい英語歌詞を作ってくれたRADWIMPSに、心より敬意と感謝を申し上げます」とコメントしている。

 英語主題歌4曲は、1月27日より主要配信サイトでのデジタル配信、そして2月22日にはCDのリリースも決定。さらに、北米公開決定を記念し、英語主題歌4曲を使用した英語主題歌版本編(※台詞は英語字幕付き)が、日本国内でも1月28日より2週間限定で特別上映される。

◎新海誠監督コメント
RADWIMPSにとって、メロディと歌詞は切り離せないもののはずです。にもかかわらず、英語圏の観客のために素晴らしい英語歌詞を作ってくれたRADWIMPSに、心より敬意と感謝を申し上げます。『君の名は。』では歌と台詞と物語は渾然一体であり、主題歌の歌詞は主人公たちの叫びでもあります。今回の英語主題歌版で、北米の観客に『君の名は。』の世界をより深く楽しんでいただけることを願っています。

◎北米配給会社 創設者/CEO Gen Fukunaga(ゲン・フクナガ)氏コメント
『君の名は。』という作品に携わることができて大変嬉しく思っています。この作品はすべての人の期待の上を行き、観客と批評家両方の心を即座に掴んでいます。ジャンルにかかわらず美しく感動的なストーリーは大衆を魅了すると信じ続けていますが、『君の名は。』はまさにそのような映画。これから将来にわたり長く語り継がれる作品となるでしょう。

◎RADWIMPS  new single 「君の名は。English edition」より「Zenzenzense (English ver.)」
https://youtu.be/3qeAZLyBNQI

◎リリース情報
「君の名は。English edition」
2017/2/22 RELEASE UPCH-80465 1,300円(tax out)
2017/1/27より先行配信 
※日本国内のみで発売/配信作品

「Your name. (deluxe edition / Original Motion Picture Soundtrack)」
2017/3/10 RELEASE
2017/1/27 先行配信
※US盤としてCD発売 / 日本以外の全世界配信作品

関連記事リンク(外部サイト)

illion(野田洋次郎/RADWIMPS)新作『P.Y.L』より「Miracle」全世界110の国と地域で配信スタート
コールドプレイの東京ドーム公演にRADWIMPSの出演決定
宇多田ヒカル/星野源/RADWIMPSら登場『SONGS「紅白スペシャル」』貴重な映像も交えて放送

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。