体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『1月18日はなんの日?』イーグルス、グレン・フライの死から1年

『1月18日はなんの日?』イーグルス、グレン・フライの死から1年

 1月18日は「ホテル・カリフォルニア」「ならず者(Desperado)」「テイク・イット・イージー」など、数々の名曲を生み出したアメリカを代表するロック・バンド、イーグルス創始者の一人であるグレン・フライの命日。

 ちょうど1年前の今日、67歳でこの世を去ったグレン・フライ。最後の来日となった2011年のツアーから5年後の訃報であった。病気療養中だったフライの体調を考慮し、ここ数年はイーグルスとしての活動はおこなっておらず、残念ながら彼の死をもって解散を表明。音楽史でもっとも成功を収めたロックバンドは“伝説”となった。

 イーグルスはこれまでに全米ビルボードNo.1アルバムを6枚(ベスト盤含む)、No.1シングルを5曲輩出しており、フライはそれらのソングライティングの多くに携わっている。また、ソロとしても成功を収めており、「ヒート・イズ・オン」「ユー・ビロング・トゥ・ザ・シティ」(ともに1985年)の2曲が全米ビルボード2位となる大ヒットを記録している。

関連記事リンク(外部サイト)

元イーグルスのメンバー、ドン・フェルダーの来日公演が決定
イーグルスとしてのパフォーマンスはもうしない……ドン・ヘンリーが言及
イーグルスのグレン・フライ(67)が死去

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。