体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラーメン屋なのに本格フレンチ

1月17日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系、午前08時00分~)では、看板とは異なる料理を出す「なのに食堂」を特集した中で、荘口彰久さんが「麺や・一途」(東京都品川区)を訪れた。同店は東急目黒線・武蔵小山駅から徒歩5分の所にあるラーメン店だ。

番組では、お店自慢のラーメンを紹介。「醤油味・卓」は仔牛の骨などからとったオリジナルのスープを使用しており、臭みが少なく上品な味わいが特徴。また、一番人気の「味噌風味・衣利」は生クリームやパルメザンチーズなどを使った味噌風味で、濃厚でクリーミーな味わいがやみつきになるんだとか。

また、リーズナブルに味わえると人気のフレンチのコースを紹介。彩り野菜に帆立やサーモンの「オードブル」に始まり、「フルーツトマトのクリームスープ」、旬の「甘鯛のポワレ」、メインの「鴨肉と国産牛のロティ(ロースト)」、締めにはフランス料理の手法を取り入れた仔牛の骨のフォンドヴォー仕立てラーメンが提供される。個室で料理を頂いていたお客さんは、「おいしいし、お箸で食べられる」「カジュアルな雰囲気の中で本格的なフランス料理が食べられる」とコメントしていた。

なぜラーメン店なのに本格フレンチが頂けるのかというと、日本初の総合結婚式場で洋食の元料理長・元副料理長を務めたシェフ2人が料理を作っているため。お客さんが驚き、喜ぶ顔が見たいという思いが人気の「なのに食堂」を生んでいた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:麺や 一途(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:不動前・武蔵小山のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:ラーメン・つけ麺のお店紹介
ぐるなび検索:不動前・武蔵小山×ラーメン・つけ麺のお店一覧
全粒粉を使用した武蔵野うどんの「特製肉汁うどん」
研究を重ねたソース焼きそば「九条ねぎ牛すじトッピング」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。