体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一人暮らし高齢者の強力なアシスタント!?自立した生活をサポートするロボット「ELLI・Q」

ELLIQ現在、多くの高齢者が一人暮らしだ。そして、ほとんどの人が介護施設に入ったり、子どもの世話になったりすることがないよう望んでいるだろう。

そうした思いに応えるデバイスが開発された。イスラエルのスタートアップが手がけた「ELLI・Q」。「子どもから写真が届きました。見ますか?」「ヨガの時間ですよ」などと話しかけ、高齢者の日常生活をサポートする。

・やり取りは音声で

ELLI・Qは2つのデバイスで構成される。1つはユーザーとやり取りをするロボット。もう1つは写真などを表示するディスプレイだ。

デバイスといっても、高齢者がメカ関係は得意でないことは織り込み済みで、ELLI・Qとのやり取りは音声で行う。

ELLIQ2・人工知能を搭載

例えば、家族から端末に写真が送られてくると、ELLI・Qは「写真が届きました。見ますか?」と尋ねる。それに対し、ユーザーは「そうね、見たいわ」と答えればディスプレイに写真が表示される。

また、ELLI・Qは人工知能を搭載しているので、ユーザーが写真を見た後に「メッセージを送りますか?」とも聞いてくれる。そして、ユーザーはただメッセージを話すだけで、ELLI・Qが録音して送信してくれるのだ。

ELLIQ3・ユーザーの好みや動向を学習

コミュニケーションをサポートするだけだけなく、ELLI・Qはユーザーの暮らしもケアする。薬の服用時間をリマインドしたり、テレビの視聴時間が長いようだと「散歩してみてはいかが」などとアドバイスしたり。

そのほか、音楽やオーディオブック、ポッドキャストを提案したりもする。使えば使うほどにユーザーの好みや習慣を学習していくので、次第にやり取りが“あうんの呼吸”になることが期待できる。

・ウェイティングリストに登録可能

一人で自立した生活を送りたいと思っても、加齢とともに誰でも忘れっぽくなったり、つい引きこもりがちになったりするもの。

そんなとき、「子どもと同居する」「施設に入る」のではなく、マシーンにアシストしてもらいながら自宅で暮らす、というのはこれからの時代、有力な選択肢になりそうだ。

ELLI・Qの発売時期や価格については公表されていないが、現在サイトでウェイティングリスト登録を受け付けている。

ELLI・Q

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。